Afrobeatsを踊ろう!

FATIMATAがアゾントダンスにハマって、それがAfrobeatsという音楽のダンスだということは、前回のブログで紹介している。

ロンドンで教えてくれた先生たちは、

Trayc selasi(トレイシーセラシ)

selasi and fatimata

 

記事はコチラ Afrobeats(アフロビーツ)を踊ろう!〜Trayc Selasi〜

そして、

 

Unkle TC (Homebros) アンクルティーシー

unkle tc

記事はコチラ Afrobeats(アフロビーツ)を踊ろう!〜Unkle TC (Homebros)〜 

 

前回までのおさらい

なんとなくシリーズ化しているこのコーナー、『Afrobeatsを踊ろう!』

なんで、Afrobeatsなのか、、の前置きは最初の回で詳しく書いているので、気になる方は過去のブログを。

Afrobeats(アフロビーツ)を踊ろう!〜Azonto(アゾント)〜

Afrobeats(アフロビーツ)を踊ろう!〜Shoki(ショキ)〜

Afrobeats(アフロビーツ)を踊ろう!〜Alkayida(アルカイダ)〜

Afrobeats(アフロビーツ)を踊ろう!〜Zagada(ザガダ)〜

Afrobeats(アフロビーツ)を踊ろう!〜Gweta(グウェタ)〜

Afrobeats(アフロビーツ)を踊ろう!〜Bela(ベラ)〜

Afrobeats(アフロビーツ)を踊ろう!〜Sekem(セケム)〜

Afrobeats(アフロビーツ)を踊ろう!〜Skelewu(スケレウ)〜

 

 

さて、本日のAfrobeatsは

 

Shoki(ショキ)

彼はなんでも教えてくれる。

ロンドンに行く前、どんな動きが流行っているのかとfacebookで尋ねたことがあった。

いろいろ答えてくれたが、

その中に『Shoki(ショキ)』というのがあった。

このShoki(ショキ)という動き、ロンドンのクラブでもみんな踊っていた。

腕をスネークみたいにくねらせ、その手を頭や顔に持っていく。

そんな変な動きのダンスだが、Shokiの曲がかかるとみんなこの動きをする。

ナイジェリアのダンスだそうだ。

 

 

そして、Selasi先生のダンスレッスンにもそのムーブメントがしっかり入っていた。

40秒目くらいからがそれ。

 

彼らが行ったTINAキャンペーンでもそのダンスは見れた。

 

 

このダンス、個人的にはすごく好き。

自分のテイストに変えていくらでも遊べる。

日本でもみんなと一緒に踊れたら最高。