05セネガル料理

日本食材で作るセネガルの代表料理、絶対失敗しない『赤チェブジェン』

ご用意いただく食材

3~4人前(家族が多い人は、量を増やしてみてください。)

<チェブジェンの中に入る野菜類>
(お好みで足し算引き算してください。)
*にんじん 1本
*ナス 1本
*かぼちゃ 1/8(元々カットしてあるものが楽です。)
*キャベツ 1/8
*大根 1/4
*じゃがいも又はサツマイモ 1個
*オクラ 4本(あれば)

<味付けの食材>
*玉ねぎ 半分
*ピーマン 半分
*トマトペースト カゴメなら6袋全部(カットトマトでも可(その場合半分)トマトケチャップは不可)
*アンチョビ缶 半分(あれば)
*スルメ 少々(おつまみ棚の100円コーナーのあたりめで良い。)
*塩
*ローリエ
*サラダオイル (炒める用)

<魚>
*頭つきの鯛やチダイなどあれば、スーパーなどで下処理をしてもらうと楽です。
魚の切り身なら 2尾(カジキマグロ、真鯛、鮭、なんでもでも良い。骨がない方が食べやすいです。)

<チャブジェン用のごはん>
*米 2合くらい
(炊飯ジャーを使います。ご飯は作ったスープで炊きます。通常の白ご飯は炊かないように!)

<ノッコス(魚の下味に)> 
(フードプロッセッサーで粉砕します。)
*生パセリおおさじ2
*パクチー大さじ2(あれば)
*玉ねぎ1/4 又は あさつき 2本
*ピーマン 半分
*塩、コショウ 少々
*マギーブイヨン 1個
*乾燥唐辛子(鷹の爪)2本(一味唐辛子でも可)
*にんにく2~3片

<お好みで>
*レモン汁 少々

*仕上がったチェブジェンにお好みでかけて酸味を加えます。

量はだいたいです。

調理器具

*フードプロセッサーまたはミキサー
*大きめの鍋
*フライパン
*炊飯ジャー

作り方手順

1、ノッコス(上記の分量を参照)をフードプロセッサーにかける。
2、玉ねぎ(半分)とピーマン(半分)をみじん切り(またはフードプロセッサーで荒く砕く)
3、魚の切り身をさっと洗い、水気を取ったら魚に包丁で穴をあけノッコスを入れる。
4、野菜をカットする。
にんじん1本(縦半分に切る)
ナス1本(縦半分に切る)
かぼちゃ1/8
キャベツ芯ごと1/8(芯の部分は捨てない。)
大根1/4(縦半分に切る)
じゃがいも(メークイン)又はサツマイモ1個(縦半分に切る)
5、大きめの鍋に油を大さじ3くらい、魚を両面カリッとなるように揚げ、一旦取り出す。
6,スルメを軽く炒めて、油に魚っぽい臭みを付ける。
7、2の玉ねぎとピーマンを入れしんなりするまで炒めたら、アンチョビを入れて少し炒める。
8、鍋に(鍋の半分くらい)に水を入れる。(全ての野菜が浸るくらい。)9、入れた水がグツグツ煮えたら残りのノッコスと、鷹の爪を2、3本を入れる。
10、大根と人参とキャベツを入れる。さつまいもの場合もここで入れる。
11、味を見て、トマトペースト6袋(なければ減らしても可)とマギーブイヨンや塩で味を整える。蓋をして中火で20分。
12、その間にお米を研いで、水に20分くらい浸しておく。
13、じゃがいも、ナス、かぼちゃ、揚げた魚を加えて(オクラはまだ)20分煮る。(水が少なくなっていれば少し足して塩などで味の調整をする。)残り10分くらいのところでオクラを加える。
14、(煮詰めている間に)お玉でスープだけをすくって炊飯ジャーに入れ早炊きモードでお米を炊く。(炊飯ジャーの水のメモリと同じ分量で。)
15、ご飯が炊けたら、大きめのお皿にご飯を平べったくよそい、真ん中に魚を置き、その周りに野菜を並べ、汁を上からパラパラとかけ、端にカットレモンを添える。(セネガル風盛り付け。)
(人数や食べる量に合わせて、野菜や魚を小さくカットして並べる。)

画像

FATIMATAインフォメーション

instagram @senegal_kitchenもフォローよろしくお願いします。

FATIMATAの公式ホームページはこちら

© 2022 FATIMATA(ファティマタ)のホームページ。アフリカンダンス、アフリカンファッション、ウォロフ語、アフリカ旅行、初心者ダンス教室、ワークショップなど。