05セネガル料理

風邪ひきさんに作ってあげたい。体ポカポカセネガル粥 『バハル』 作り方レシピ

セネガルで病気になると、必ず作ってくれるお料理があった。

それがこの料理『バハル』。

どちらかというとお粥というより、おじやに近いが、他のセネガル料理のようなパンチは控えめで、弱った体に染みるお母さんの味という感じ。

日本人に馴染みのある優しい味である。

最近、急に肌寒くなり、体調を崩しやすいこの季節。

鍋をするにはまだ早いが、夏の疲れが出やすいこの時期に、体が温まる優しいお料理はいかがでしょう。

しっかり魚介の出汁が効いてるバハルはついついおかわりしてしまうこと間違いない。

時間や分量

調理時間60分
2-3名分

ご準備いただく食材

<ノッコス>
(フードプロセッサーで粉砕します。)
*あさつき 1~2本
*ピーマン 1個
*ニンニク 2-3片
*乾燥唐辛子 2本(パウダーでも可)
*コショウ 少々

*玉ねぎ 1個
*トマト 1個(又はホールトマト缶半分)
*オクラ 1袋
*お好みのお肉(牛バラ肉、豚の細切れ、鳥もも肉、ラムなど) 250g~300g  *基本、セネガルでは豚は食べません。
*ミックスビーンズ 1缶
*すりおろし生姜 1カケ(チューブでもよい)
*お米 1.5-2合

<出汁として>
*干しエビ(中華用)あれば 少々
*あたりめ 少々
*アンチョビフィレ 1/2缶
*干し貝柱(スープの素 または ほんだしでもよい。)少々

今回はマギーブイヨンを入れてないですが、お好みでマギーブイヨンや、オイスターソース、味噌又は豆豉ジャンを加えると、ギラギラしたセネガルっぽい味になります。

調理器具

鍋(蓋つき)
フードプロセッサー

配信前にご準備いただくこと

・お米は水に浸しておく(炊かないように)
・ノッコスをフープロで粉砕しておく。
・肉に塩コショウの下味をつけておく。

調理手順

・玉ねぎを1個みじん切り。
・トマト1個をざく切り(トマト缶なら半分に)
・鍋に油をふた回し入れてあたりめを入れ、を炒める。
・肉に焼き目がついたら、玉ねぎのみじん切り(1個分)、カットしたトマト(1個)、ノッコスを入れて混ぜる。
・水を鍋に半分くらい入れる。
アンチョビ(1/2)、干し貝柱(少々)、干しエビ(少々)、ミックスビーンズをを入れる。
・味を見て塩、胡椒、お酢で調整。(お米が入るので、しっかり目の味で。)
・5分煮込み、アクを取る。
を入れひと煮だちしたら、弱火で20分タイマーをかけて煮込む。焦げ付くので途中でかき回しながら。
・オクラを輪切りにし、生姜をすり下ろす。
・10分くらい経過したくらいで、オクラ生姜を入れる。
・お米に芯が残ってなければ、火を決して、お皿に盛り付けてきあがり。

画像2

FATIMATAインフォメーション

instagram @senegal_kitchenもフォローよろしくお願いします。

FATIMATAの公式ホームページはこちら

© 2022 FATIMATA(ファティマタ)のホームページ。アフリカンダンス、アフリカンファッション、ウォロフ語、アフリカ旅行、初心者ダンス教室、ワークショップなど。