05セネガル料理

【セネガル料理】現地の味を超える激うまレシピ完成!チューブレット(フィッシュボール入りトマトシチュー) 作り方レシピ

セネガルでも人気メニューの上位に入ってこないトマトシチュー『チューブレット』。

トマトの酸味が強すぎると子供たちに不人気になる。

そんなチューブレットを「普通においしい。」ではなく、「めちゃめちゃ美味しい」というレベルに引き上げようと、試行錯誤してやっと出来上がったのがこちらのレシピ。

このレシピなら、酸味が苦手なお子さんでもお替りしてモリモリ食べるに違いない。

ご用意いただく食材

3~4人前(家族が多い人は、量を増やしてみてください。)

買い物の際の食材リスト
(重要度の高い順から)
・生たらの切り身 3-4切れ(三枚おろしにできるなら青魚でも◎)
(なければ甘塩たらで。塩たらはNG。冷凍もNG。)
・干しエビ 大さじ2 (貝柱などもあるとさらに◎)
・玉ねぎ 大1個
・トマト 1個(ホールトマトでも可)
・トマトペースト(大さじ4)又はトマト缶
・生パセリ
・にんにく 5カケ
・ピーマン 1個
・アンチョビフィレ
・乾燥唐辛子
・ローリエ
・あたりめ または 煮干し
・ナンプラー(あれば)
・ウスターソース(あれば)
・片栗粉 大さじ1
・乾燥パセリ(飾りとしてあれば)
・油
・塩、コショウ
・マギーブイヨン
・米
・ビネガー

(お好みの野菜で)
・にんじん 1本
・ナス 1本
・さつまいも(小さいの1本) 又は かぼちゃ(すでにカットしてあるもの)
・キャベツ

余ったパセリは茎を取って冷凍しておくと保存ができます。

以下は、パート別に使う食材一覧。(上記のリストと一緒です。)

<ノッコス用>
*ピーマン 半分
*生パセリ 大さじ4
*にんにく 3カケ
*マギーブイヨン 1個
*塩 少々
*コショウ 少々
*乾燥唐辛子 2-3本 (パウダー状のものでも可)
*ローリエ 2枚

<トマトソースの具材用>
(お好みで足し算引き算してください。)
*にんじん 1本
*ナス 1本
*さつまいも(小さいの1本) 又は かぼちゃ(すでにカットしてあるもの)
*キャベツ

(スープがトマト味で酸味があるのでで甘いお野菜が入ると美味しいです。)

<ソースのベース用>
*玉ねぎ 大1個
*ピーマン 半分
*トマト 1個(ホールトマトでも可)
*トマトペースト 大さじ3(なければトマトピューレでも可。)
*ニンニク 2カケ
*アンチョビフィレ 1缶
*あたりめ 又は 煮干し(おつまみコーナーにあるようなものでよい。)
*ナンプラー(あれば)
*ビネガー 少々(米酢、穀物酢、ワインビネガー、りんご酢なんでも良いです。りんご酢が一番クセがないと思います。)
*ウスターソース

<フィッシュボール>
たらの切り身 3-4切れ
干しエビ 大さじ1(貝柱を入れても◎)
トマトペースト 大さじ1
片栗粉 大さじ1
油 (揚げる用、コーティング用)

 

調理器具

*フードプロセッサーまたはミキサー
*大きめの鍋
*フライパン
*炊飯ジャー
*揚げ物を乗せる網
*油の温度を計れる温度計

 

作り方手順

<事前の下準備>

1、ご飯を炊く。
2、ノッコス(上記分量を参照)をフードプロセッサーで粉砕する。
3、玉ねぎ(1個)と、ピーマン(半分)とにんにく(2カケ)を荒いみじん切りにする。(フープロは使わず、包丁で。)トマト(1個)(ホールトマトでも可)をザク切りにする。
4、ご飯を炊く。
5、魚は骨と皮を取る。
6、あたりめ4-5本をあらかじめハサミで細かく切っておく。

<調理の手順>

<フィッシュボールのすり身を作る>
1、乾き物の出汁(干しエビ(大さじ2)貝柱など(あれば)を先にフープロで粉砕しておく。そのあと魚を入れ、塩(小さじ1)を加えなめらかになるまで回す。(甘塩たらの場合は塩を足す必要なし。)

画像1

2、ボールにすり身を移し、ノッコス半分と片栗粉(大さじ1)とトマトペースト(大さじ1)を入れ、粘りが出るまでてこねる。

<トマトシチューを作る>
4、鍋に油3回しくらい入れ、塩を(小さじ1)入れる。
あたりめ(煮干しを足しても良い)、
アンチョビ(油ごと)を入れ(アンチョビは油が跳ねるので、弱火にするか蓋をする。)油に香りがついたら、
玉ねぎのみじん切り(半分)、
ピーマンのみじん切り、
にんにくのみじん切りを入れ炒める。
しんなりしてきたら、
残りのノッコス、
トマトのザク切り、
トマトペー スト(大さじ3)を加える。

画像2

5、4に500mlくらいの水を足す。

6、 野菜を一口サイズに切り、
玉ねぎみじん切り(残りの)、
にんじん、
さつまいも(あれば)、
きゃべつ
を入れて 弱火で20 分煮る。

7、 味を見て、塩、コショウ、ナンプラーで味を調整する。

画像3

ー20分経過ー

8、ナス、カボチャ、(じゃがいもの人もここで)を足してさらに弱火で15分煮る。

9、 煮込んでいる間に小皿に油少量と空き皿を準備、手に油をつけて(手をコーティング)魚のすり身を直径2cmほどのボールを作る。

画像4

10、フライパンに油を2cmほど入れ170度に熱し、フィッシュボールを表面が茶色くなるまでコンガリ揚げる。

11、揚がったフィッシュボールの油を切り(網などに上げる)、再び油の温度を180度まで上げ、フィッシュボールの表面がカリッとなるよう2度揚げする。

ー15分経過ー

12、鍋の味を見て、ビネガーやウスターソースを少し足して味を調整し、11のフィッシュボールを鍋に入れ、さらに5分くらい煮込む。

ー5分経過ー

13、火を止めて、ご飯に盛り付ける。

ご飯はお茶碗で丸く型を作って、その周りにソースを引くとおしゃれ。
ご飯の上に乾燥パセリを散らして彩りをつけましょう。

画像5

FATIMATAインフォメーション

instagram @senegal_kitchenもフォローよろしくお願いします。

FATIMATAの公式ホームページはこちら

© 2022 FATIMATA(ファティマタ)のホームページ。アフリカンダンス、アフリカンファッション、ウォロフ語、アフリカ旅行、初心者ダンス教室、ワークショップなど。