ウォロフ語

今日のウォロフ語 67回目 そこにいた私たち以外は全員アフリカ人だった。

ガーナ人スポットを求めて六本木へ潜入し、おいしいアフリカンレストランを見つけた。という話は日記としてブログに書いたが、、

おいしいアフリカンレストラン発見!アゾントを求めてガーナ人スポットを巡る六本木ツアー。

その話をバイサル先生にした。

最後の会計の合計が間違っていた、という下りまで。

▼セネガル人とガーナ人は仲が悪い?

私はそんなに悪い言い方はしていない。

計算が間違っていたと。

バイサル先生、いきなりいきり立って「ほら見たことか!」と言い出す。

「やっぱり、ガーナ人は・・」から始まり、彼らがどれだけ野蛮なことをしているかまで話が及ぶ。

一体、何の情報を信じて、そこまで話が歪むのか。

バイサル先生が驚いていたのは、そこのレストランのお客さんが私たち以外全員アフリカ人だったこと。

島国日本もグローバルになってきたものだ。

ということで・・


 

今日のウォロフ語

そこにいた人たち、私たち以外みんなアフリカ人だった。

gni fa nekk gnepp ay africen lagnu ba mu des gnun.
ニファネック ニェップ アイ アフリケン ラニュ バムデス ニュン

gni fa nekk gnepp そこにいる人みんな
ay africen lagnu アフリカ人たちだった
ba mu des ~以外
gnun 私たち


 

FATIMATAと一緒にセネガルの部族語ウォロフ語を勉強しよう。
senegal wolofSkypeで現地のセネガル人の生のウォロフ語を聞きながらレッスン。
まずは「こんにちは」って何て言うの?から。
詳細はコチラ➡ Wolof Lesson

 

アフリカンダンスで心と体をキレイに。
DSC_6340 2殻をやぶり、本来の自分を取り戻しましょう。
コミュニケーションは自分らしい自己表現から。
ダンスクラス情報

 

サバールダンス、サバールドラムを学びたい。
sabar school
サバールに特化した実績と指導力のある講師陣があなたの熱意をサポートします。
サバールダンス講習

© 2021 FATIMATA(ファティマタ)のホームページ。アフリカンダンス、アフリカンファッション、ウォロフ語、アフリカ旅行、初心者ダンス教室、ワークショップなど。