彼らにはお世話になった。

旅先で誰にもお世話にならない人はいない。

慣れない土地で、必ず良くしてくれる人はいる。

 

「◯◯さんには大変お世話になった。」

 

こんなセリフを言いたい場面はたくさんある。

だけど、意外にウォロフ語でどんな言い回しをすればよいか知らなかった。

せいぜい言えて「◯◯さんはいい人だった。」くらい。

 

そんなかゆいところに手がとどくレッスンをしてくれるのは、

我らのウォロフ語救世主、Lyan先生。

日本語のニュアンスをくみ取り、それに適したウォロフ語の言い回しを教えてくれる。

 

「彼らに大変お世話になった。」

dagnu ma teral bu baax(ダニュマ テラル ブバーハ)

 

「彼ら」が複数じゃなく、「彼/彼女」と単数になるなら、

 

dafa ma teral bu baax.

 

となる。

 

この、『teral テラル』というウォロフ語が、まさに

「お、も、て、な、し。」

だそう。

セネガル人のLyan先生が滝川クリステルになりきって説明してくれたが、

それがギャグだとは生徒だれも気がつかず、

先生はひとこと、「すべった・・・・。」と。笑。

 

なんでも、この『teral(テラル)』から、

セネガルの助け合いの精神、『テランガ』という名前になったそうだ。

 

 

ということで、ぜひ、みんなも使ってみよう。