人懐っこいセネガル人
セネガルの助け合いの文化【テランガ】

以前、日本とセネガルではどちらがおもてなしが強いか。というブログを書いた。(どっちがおもてなしの国? セネガルVS日本。

現代っ子の私たちが、日本は【おもてなしの国】だということを再確認したのは流行語になったつい最近。

それと比べてセネガルがおもてなしの国であることは、国民の精神として常にみんなが意識している。

だからだろうか、セネガルに行くと初対面の人でも、「明日、ぼくのうちに昼食を食べにおいでよ!」と誘われる。

(セネガルでは、夕食より昼食の方が贅沢をする。)

出会う人、出会う人がそのように誘って来る。

彼らは初対面であろうが、会ったその日に「君は友達だ。」とすぐに昼食に誘いたがる。

なんとも人懐っこい人種だ。

 
バカ正直な私たち。
私たちも悪い気はしない。

というか、知らない土地で現地の人に優しくされることはかなり嬉しい。

心細かった気持も開放され、お誘いをうけた通り、翌日彼の家にひょこひょこ尋ねに行ってしまうことはよくある。

 
誘ってきたご本人がいない。
誘われたから遊びに来たのにご本人がいない。

しかも、その家族たちも来客が来ることを把握すらしてない。

こちらはお腹すかしてやって来たのに・・。

 

でも、こういうことはたまに(というか、よく)ある。

 
何がいけなかったのか。
さて、この食い違い。

何がいけなかったのだろう。

私たちがセネガル現地の言葉を充分に把握できておらず、誘われていると思い込んでいたが、実は誘われていなかったとか?

それも、ある。

 

それか、誘って来た彼がウソを付いた?

それも、ある。

 

両方、あり得る。

 

言えることは、彼らは社交辞令(建て前)で「遊びにお越しよ!」と言う事はよくある。

言葉が充分でない私たちは、それがただの挨拶なのか本気なのかの見極めができない。

それだけ。

結果、本気で誘われてた訳ではなかったのだけど、彼は私たちにウソを付いた訳ではない。

 
社交辞令にはどう答える?
彼らも日本に負けないくらいの建て前社会。

彼らの申し出が、ウソなのか本気なのか迷う場面はたくさんある。

そんな時は素直に聞いてしまえばよいのだ。

「それは冗談ですか?もしくは本当に行っていいのですか?」

dagay fo wara ma gnow?(ダガイフォ?ワラ マニョウ?)

 
約束を確定させる。
そう言われたセネガル人。

軽い気持で「おいでよ。」と言ったけど、まさか「冗談だよ。」とは言えまい。

「もちろん。」

と本気で準備をしてくれるであろう。

 
迷ったら聞く。
分からないことは素直に聞こう。

これはセネガルに限らず日本にいても同じことだ。

聞く行為は勇気のいることだが、誤解が生じて関係が壊れては後の祭り。

気軽に誘って来るセネガル人だからこそ、こちらも気軽に確認する。

そんな気持で。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

FATIMATAと一緒にセネガル人としゃべろう。

senegal wolofSkypeで現地のセネガル人とクロスディスカッション。
英会話やフランス語会話はくさるほどありますが、
ウォロフ語会話は日本で唯一ここだけ。
まずは「こんにちは」って何て言うの?から。
詳細はコチラ➡ Wolof Lesson