国境を越えた意見交換って実に充実感がある。


優越感もある。

気持ちのよいものだ。

でも、もっと感動することがある。

「実は、それは私も感じました。」という瞬間。

例えば、セネガル人と一緒にある物件を見に行ったとしよう。

私はセネガル現地で日本人を連れて行くツアーもしているので、みんなが短期間滞在する物件を見に行くこともあるのだ。


物件のオーナーは揉み手をしながら、笑顔で間取りを見せる。

私たちは「ありがとう。後日連絡をします。」と言ってその場を去る。

間取りも値段も何の申し分もないその物件。

でも、私も連れのセネガル人もイマイチ前のめりではない。

どちらが先に口火を切るかお互いにゆずり合う感じの中。

連れがポツリと、「あんまり気乗りしないなぁ。」と。

そこで、私も飛びつくように。「私もなのです!」と。

理由は分からないのだが、何かこう気分が乗らない。

この感じ、力説して納得させるだけの理由は見当たらないけど、フィーリングで合致する。

「感じた?」

「感じた。」

「じゃ、これで。」と胸の前で両腕をバッテンさせる。

国際交流も、これだけフィーリングで結論が出ると逆に感動する。

文化、習慣は違えど、インスピレーションが一致する。

違う意味での通う心。

語学も大事だけど、感じる心も同じように大事にしていきたいものだね。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

今日のウォロフ語

それを感じました。
yeug naa ko woon(イェグナーコ ウォーン)

同じことを感じました。
gnoo bokk yeug yeug (ニョーボック イェグイェグ)


 

 

FATIMATAと一緒にセネガルの部族語ウォロフ語を勉強しよう。
senegal wolofSkypeで現地のセネガル人の生のウォロフ語を聞きながらレッスン。
まずは「こんにちは」って何て言うの?から。
詳細はコチラ➡ Wolof Lesson

 

アフリカンダンスで心と体をキレイに。
DSC_6340 2殻をやぶり、本来の自分を取り戻しましょう。
コミュニケーションは自分らしい自己表現から。
ダンスクラス情報

 

サバールダンス、サバールドラムを学びたい。
sabar school
サバールに特化した実績と指導力のある講師陣があなたの熱意をサポートします。
サバールダンス講習