今日のウォロフ語 No.7

ファティマタのウォロフ語学習をブログでシェアするコーナー。

 

ストレートに言わない、ストレートな人種

アフリカ人はとても旺盛なイメージあるよね?

 

何がって、アレが。

 

この年齢になっても、いまだにナンパしてくるのは黒人のみ、草食すぎる日本人をディスっていた時代もあったが、

 

今となっては、「ナンパしてくれてありがとう。」と、感謝の念すら感じる。

 

奥さんがいようがいまいが、そんなのお構いなしでナンパしてくる黒人たち。(もちろん全員ではないよ。)

 

中には「君を試食してみたい。」と単刀直入に言う人も。

 

だけど、セネガルには直球なアプローチもオブラートに包む表現がたくさんあることに驚く。

 

例えば、

 

洗うは raxas ラハス

 

手を洗うも、足を洗うも、このraxasを使うのに、顔を洗う時だけ、selmu セルム を使う。

 

「私は顔を洗う」というのを、raxas を使って damay raxas sama kanam. ダマイラハスサマカナム と言うと

 

私はアソコを洗います。

 

という意味にも取ることができるらしいのだ。

 

damay 私は〜する

sama 私の

kanam 顔

 

 

例えば、「俺とチョメチョメしようぜ。」なんて表現ももちろんウォロフ語としてある。

 

kay gnu doorante. カイ ニュ ドーランテ

 

ここに使われる door  これは 殴る という意味。

 

動詞のあとに、 -ante がつくと 〜しあう

 

kay gnu = しましょう

 

え! 殴りあいましょう!?

 

だけど、男が女にいやらしい目つきで「殴りあいましょう。」と言って来た場合、この時は、

 

チョメチョメしようよ。

 

という意味になるらしい。

 

 

 

草はらで若い男ふたりが殴合い、最後に倒れこみ、「お前のパンチ、効いたぜ。」「お前のもな。」

 

よくある友情を深める青春ドラマのワンシーンも、ウォロフ語にかかるとなんかピンクなことを連想できてしまう。という。

 

 

そもそも、セネガルには殴り合って友情を深める青春てあるんだろうか。

 

 

最近の日本もない気がする。

 

そういう草食男子こそ『殴りあいませんか?』と言う表現は必要かもね。

 

 

 

ウォロフ語は文法を学ぶと理解が早い!

ウォロフ語の文法マニア、ファティマタがテキストを使ってウォロフ語の文法を解説します。

なんとなくは喋れるけど、もっとウォロフ語の文法や構造を知りたい方向けです。

 

ウォロフ語 Skypeプライベートレッスン詳細