今日のウォロフ語 No.6

ファティマタのウォロフ語学習をブログでシェアするコーナー。

 

今日の君は超新しい

今日も朝の7時からセネガルのバイサル君とWhatsappでおしゃべり。

 

もちろん、私は寝起き、顔を洗った状態のままのビデオチャット。

 

「今日の君は超新しいぜ!!」

 

のっけから言われた。

 

直訳すると、『君は超新しい。』

 

それだけで、なんとなくニュアンスは伝わる。

 

悪い意味ではなさそう。

 

バイサル君が言ったのは、

 

Daga bees takk tey ダガ ベース タック テイ

Daga あなた

bees 新しい

takk すごく

tey 今日

 

この場合の bees 新しい には2つの意味があるようだ。

 

きれい と 子供のように若い

 

今回の意味は、「すっぴんで子供のようだね。」という意味。

 

おばさんにそんなこと言うと、調子にのるぞ!(内心にやけ。)

 

それを『新しい』というbeesで表現してしまうとは。

 

なんか、ウォロフ語って、、「ま、そんな感じで。。」という緩さを感じる。

 

単語によって変わる副詞

その割に、形容表現を修飾する副詞が単語によって変わることがある。

(ウォロフ語には形容詞というものはなく、全て動詞扱いです。)

 

要するに very  に当たる単語がいちいち変わることがある。

bees takk とても新しい

tang jer とても熱い/暑い

sedd guy とても寒い

toy xepp とても濡れてる

sett wecci とても清潔

 

でも全部の単語ではない。

 

美味しいとか、かっこいいとかは代表的な『tropp』(トロップ)でよい。

 

超、超、超、超 という時は トロップ、トロップ、トロップ、トロップ。

 

これでよい。

 

ウォロフ語は文法を学ぶと理解が早い!

ウォロフ語の文法マニア、ファティマタがテキストを使ってウォロフ語の文法を解説します。

なんとなくは喋れるけど、もっとウォロフ語の文法や構造を知りたい方向けです。

 

ウォロフ語 Skypeプライベートレッスン詳細

 

FATIMATAと一緒にセネガルに行こう!

FATIMATAと一緒ならセネガルのアレやコレや現地に密着した体験が効率よく出来ちゃう。

FATIMATAと一緒に行くセネガルプライベートツアー