今日のウォロフ語 No.5

ファティマタのウォロフ語学習をブログでシェアするコーナー。

 

同じアフリカでも国や部族で言葉が違う

当たり前だけど、同じアフリカ大陸の中でも国や部族が違うだけで言葉が違う。

 

私の本名である『マナ』。

国によっていろんな意味がある。

 

ハワイだと、神秘的な意味になったり、セネガルでは「マーナ」で『重要性』という意味だったりする。

 

発音が一緒でも、その国その国で意味が変わってしまう。

 

今日はそんなお話。

 

チーム名見て、ドキッ!

私が以前一緒に踊っていたガーナ人(男性)が、最近アマチュアのギャルダンサーとチームを組んで、あるダンスイベントにエントリーしているのをSNSで目撃した。

 

で、いの一で目に飛び込んで来たのが、そのチーム名。

 

目に飛び込んで来た彼らのチーム名、どうやら英語の造語でもなさそう。

 

でも、ウォロフ語だと『マ○コ』なの。

 

きっとガーナの言葉かなにかなのかな。

 

うん。しかし、ウォロフ語だと残念ながら『マ○コ』なの。(2回目笑)

 

 

伝えるべきか

で、、、ご本人たちに伝えるべきか。

 

よかれと思ってつけたチーム名だし、セネガル人コミュニティの中で踊るわけじゃないから、私がそんなこといちいち口出したら、ただのおせっかいババアにしかならない。

 

で、あるセネガル人に話してみた。(笑)

 

「彼らのチーム名が、、、、、なんですよ。」

 

案の定、大爆笑。

 

そうなるよね。

 

 

イチャイチャダンス

で、セネガル人に聞かれた。

 

彼らはどんなダンスをするの?

 

うーーーん。。私が見るかぎりでは男女がイチャイチャするダンス?

 

fecc caga lay fecc ak jigeen(フェチチャガ ライ フェチ アク ジゲン)

 

直訳すると、

 

彼はスケベなダンスを女と踊る。

 

fecc ダンス

caga スケベ

jigeen 女

 

 

つまるところ結局、、

 

「そのチーム名で問題なくない?」で、この話題は終わった。笑

 

 

 

ウォロフ語は文法を学ぶと理解が早い!

ウォロフ語の文法マニア、ファティマタがテキストを使ってウォロフ語の文法を解説します。

なんとなくは喋れるけど、もっとウォロフ語の文法や構造を知りたい方向けです。

 

ウォロフ語 Skypeプライベートレッスン詳細

 

FATIMATAと一緒にセネガルに行こう!

FATIMATAと一緒ならセネガルのアレやコレや現地に密着した体験が効率よく出来ちゃう。

FATIMATAと一緒に行くセネガルプライベートツアー