今日のウォロフ語 No.2

ファティマタのウォロフ語学習をブログでシェアするコーナー。

今日は結構上級編です。

これを読んで「へぇぇぇ」となる人は、相当ウォロフ語知ってる人かも。

ついでに書いておくよ

ついでに〜する。

動詞の後ろに-aale を付けるだけで「ついでに〜する。」という意味になる。

ついでに書くbindaale

でも、ここで言いたいのは、ついでに書いておくよ

何かの申し込みがあり、受付窓口に行って、自分の名前を記入するシーン。

今日が締め切り。

友人に「申し込みした?」と言われ、

「いや、まだ。行く時間がなくてさ。」と答え、

友人「じゃぁ、僕、今日申し込みに行くので、ついでにおまえの名前も書いておくよ。」

この表現。

受益の-al

受益とは、

あなたのために、あなたの代わりに

と言いたい時に動詞に-alを付ける。

 

ついでにお前の名前も書いておくよ。

ついでに-aale受益-al のコラボになる。

表現は以下

セネガル人に発音してもらった。

su ma demee dinaa la bindaalel sa tur.

su ma demee ma bindaalel la sa tur.

 

受益の-alが -elになってた。

なんで?

セネガル人曰く、「どっちでもいい。」

なんと、、、ウォロフ語、ゆるい。

 

上級編なので、主語と目的語の語順の関係は知ってるという前提で。

 

ウォロフ語は文法を学ぶと理解が早い!

ウォロフ語の文法マニア、ファティマタがテキストを使ってウォロフ語の文法を解説します。

なんとなくは喋れるけど、もっとウォロフ語の文法や構造を知りたい方向けです。

 

ウォロフ語 Skypeプライベートレッスン詳細