今日のウォロフ語 No.15

ウォロフ語を通して、ちょっとセネガル文化を知るブログ。

 

みんなにご報告!

以前のブログで私の親友、マンボイが大変な状況にあることを書いた。

ウォロフ語っておもしろい! No.11 人生、良い時もあれば悪い時もある

 

でね、マンボイ家族が新しいアパートに引っ越したの。

 

新築のアパート。

 

日本でアパートというと、学生が住むような1Kの小さい部屋を想像する?

 

セネガルで言うアパートとは、日本で言うところのマンション。

 

さっそく、マンボイからビデオレターが届いた。

 

限定公開でその一部をみなさんにシェア。

 

まだ、引っ越したばかりで、荷物の整理ができてないが、新しい台所でさっそくお料理を作ってますよぉ。というビデオ。

 

今日のメニューはセネガルの代表的な家庭料理『赤チャブジェン』ですって。

 

そして、新しいおうちは、もうミネラルウォーターを買う必要はない。

 

なんと、台所にすでに浄水器が装備されている。

 

中のカートリッジに交換時期が来ること、ちゃんと把握してるかな?とか余計な心配もよぎったが(笑)

 

セネガルも進化したね。

 

ひと昔前は、断水が多く、大きなバケツに汲んである水をプラスチックのコップですくって、歯を磨いたり、顔を洗ったりしていた。

 

腹痛の原因はそれじゃないか? でも、これがアフリカ。

 

なんて、腹痛もすべてアフリカの醍醐味だと楽しんでいたが、、

 

そんな不便だったアフリカが、遠い昔のこととなってしまった。なんだか嬉しいような、寂しいような。

 

そして、新しい家はシャワーからお湯がでる。

 

 

私たちが滞在する一月は夜はセネガルも肌寒く、水シャワーはセネガル人も浴びない。

 

鍋にお湯を沸かし、それをバケツに入れて、水で割ってちょうどよい湯加減にして、そのバケツ一杯で体を洗う。

 

それを、毎日お手伝いさんがバケツのお湯を作ってくれて、「お湯、沸いたわよぉ。」と声をかけてくれた。

 

なんか、これがまた良かったの。

 

バケツ一杯で体全身を洗うために、体を洗う順序とか工夫した。

 

先に洗髪、それを洗い流さず体を洗い、最後に頭頂からお湯を流して全身を洗う。

 

十分綺麗に洗える。

 

そこで思うの。

 

日本て無駄が多いよな。ってね。

 

そこで、自分の成長を感じていた。

 

あああ、それも無くなる。

 

嬉しいような、寂しいような。

 

でも、そうやってみんな進歩している。

 

生活が快適になった分、女性たちの時間がもっと生まれる。

 

人間好きのセネガルのことだ、その時間でもっともっとコミュニケーションが密になって行くんだろう。

 

それも、また楽しみだ。

 

新しいマンボイの家は、とても広く、何人でも泊まれる。

 

年明けのプライベートツアー、新しいお家でマンボイの料理を食べるのが楽しみだね。

 

 

 

新しい家は最高

ker bu bees neex na de! ケル ブベース ネハナ デ!

新しい家は最高よ!

ker 家

bu bees 新しい

neex na よい

de! 強調

 

 

 

ウォロフ語は文法を学ぶと理解が早い!

ウォロフ語の文法マニア、ファティマタがテキストを使ってウォロフ語の文法を解説します。

なんとなくは喋れるけど、もっとウォロフ語の文法や構造を知りたい方向けです。

 

ウォロフ語 Skypeプライベートレッスン詳細

 

FATIMATAと一緒にセネガルに行こう!

FATIMATAと一緒ならセネガルのアレやコレや現地に密着した体験が効率よく出来ちゃう。

FATIMATAと一緒に行くセネガルプライベートツアー