今日のウォロフ語 No.14

ウォロフ語を通して、ちょっとセネガル文化を知るブログ。

 

体が拒否?

なんだこのうだるような暑さは!

 

体がダルくて、ちょっと歩いただけで息が切れる。

 

ウォロフ語では体がダルいことを

 

sama yaram dafa bañi さま やらむ だふぁ ばに という。

 

sama 私の

yaram 体

dafa = it’s

bañi 拒否する 断る

 

あれ?

 

bañiって拒否をするという意味だけど、、、

 

これで、ダルいという意味になるらしい。

 

ちなみに暑いは tang na たんぐな

 

bañiと言えば

『拒否る』という意味。すなわち「ヤダ!」という意味。

 

「ヤダよ!」という時や「お断り!」という時に、maa bañi まーばに と言えばよい。(maa私が)

 

この拒否にはジェスチャーがある。

 

手のひらを軽く握って、胸の前に持っていき、両脇をキュっと閉める。

 

日本で言う「ワクワク」のジェスチャーと一緒。

 

「ワクワク」は二回脇を閉めるが、セネガルの『断る』という意味で使う場合は、一回キュッで良い。

 

お母さんに「早く部屋を片付けなさい!」と言われた子供が、脇をキュっ閉めるジェスチャーをすれば、これは立派な反抗。

 

「ヤダよ!」という意味。

 

反抗しているのにそのジェスチャーに萌えてしまう。

 

こんなに暑い日は、体が言うことを聞かない。

 

sama yaram dafa bañi.

 

そんな風に覚えてもいいかもしれない。

 

こんな暑い日は、ウォロフ語も軽めで今日はこの辺で。

 

 

ウォロフ語は文法を学ぶと理解が早い!

ウォロフ語の文法マニア、ファティマタがテキストを使ってウォロフ語の文法を解説します。

なんとなくは喋れるけど、もっとウォロフ語の文法や構造を知りたい方向けです。

 

ウォロフ語 Skypeプライベートレッスン詳細

 

FATIMATAと一緒にセネガルに行こう!

FATIMATAと一緒ならセネガルのアレやコレや現地に密着した体験が効率よく出来ちゃう。

FATIMATAと一緒に行くセネガルプライベートツアー