ファティマタセネガル物語は2004年にファティマタが経験したノンフィクションストーリーです。

ファティマタセネガル物語(1)はこちらから

 

つかの間の夢

仰向けになっているゼイヌの胸の上。

私はセネガルに来てからいつもこの瞬間を待ち望んでいた。

しかし、その瞬間ベンジーの階段を駆け上がる音が聞こえた。

私は、サッと起き上がり、元の椅子にすばやく戻った。

「お待たせぇぇぇ」 ベンジーは息を切らして、私たちにニコニコ顔でビールを差し出してくれた。

 

いつも私を励ましてくれるニコニコ。

今日はお休みしててよかったのに・・。

 

3人はまたビールを飲みながら、穏やかに流れる時間を楽しんだ。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

余韻とのギャップ

私はアパートに戻ってからも、ゴール島のテラスでの出来事を思い返していた。

また、あんな風にゼイヌと一緒にいたい。

少し気持ちが大きくなっていた私は、「去年のようにまた一緒にクラブに行きたい。」とゼイヌにおねだりしてみた。

あんなハプニングがあっただけに、ちょっとは期待していた。

しかし彼の答えは前と変わりなくぶっきらぼうに「金がない」だった。

 

そして続けた。 「カフェドロムっていう高級なクラブがある、そこは綺麗だし最高に楽しい。君と一緒に行きたいけど、金がない。」

 

そして相も変わらず、ゼイヌはテレビに視線を戻した。

 

「それって、いくらかかるの?」

 

私は、またゼイヌが誘ってくれることを期待していた。

 

「2~3万セファくらいかな。」

 

今回ばかりは、「私が出しますから、さぁ行きましょう。」という訳には行かない。

彼からお金を返してもらうまでは、お金に困っているフリをしなきゃいけないし、生活の負担は彼がするって言っていたのに、負担らしい負担をまだ見てない。

そういう素敵なクラブのために、日本から勝負服だってちゃんと用意して来た。

私は行きたい気持がMAXになっていた。

しかしここは、自分がお金を出したら負け。

グッとこらえた。

 

「そんなに高いの? 私もお金ないよ。」とりあえず言い返してみた。

 

「高くないよ、おまえ日本人だろ。金あるだろ。」

 

 

「えっ?」

 

耳を疑うほどショックだった。

ここで日本人扱いされるのは思ってなかった。

 

「だって、あなたがお金返してくれないから、無いのよ!!」

 

私は頑張って言い返した。

 

「俺なら金はあるよ。ただ、今ここに無い。クラブ行きたいなら貸してよ。ちゃんと返すから。」

 

「いくら貸して欲しいの?」

 

口をすべらし、言っちゃいけないセリフを言ってしまった。

彼とクラブへ行きたい気持が強すぎて、自分の意思をうまくコントロールできない。

ゼイヌはぶっきらぼうに言い返した。

 

「3万セファ(約6000円)。」

 

3万セファはかなり高い。

ここで簡単に貸したらいつでも金を貸せる女だと思われてしまう。

 

「クラブがそんな高いわけないし、そんなに貸せないよ。」

 

「じゃぁ、いくらなら貸せるんだよ」

 

これは、セネガルでの値段交渉の際によく聞く決まり文句だ。

私は返事に困り、妥当なところで「1万セファ(約2000円)。」と答えてしまった。

 

 「じゃ、1万貸して。」と彼は手を差し出した。

 

セネガルでは交渉で決定した金額を途中で辞退するのはルール違反。

私は引くにも引けず「んもぅ」という顔で渋々スーツケースから1万セファを取り出し、彼に渡した。

 

「これは俺のエントランス。おまえのは自分で出せな。」

 

やられたっ!

 

ここで抜けぬけと「はい、分かりました。」と言うわけにはいかない。

 

「お金ないから、私は行けないよ。」

 

心を鬼にしてそう切り返した。

 

彼はどう出るか。

 

ゼイヌは、その1万を握り絞めて立ち上がった。

 

「じゃあ、俺だけ行って来る。」

 

あまりの衝撃的な返答に、何も答えられなかった。

彼は大きく伸びをすると、サンダルを引きずる音を立てながら、部屋を出て行ってしまった。

ショックすぎて身動きできなかった。

 

もういい加減ジェットコースターの様に浮き沈みする自分の気持ちにうんざりしてきた。

この気持ち、一体誰にぶつければいいんだろう。

 

日本だったら真っ先に女友達に電話して、すぐにでもゼイヌの悪口を言ってスッキリできるのに。

そして「そんな奴やめちゃいなよ。」って言ってもらえる。

でもここセネガルでは愚痴を聞いてくれる友達はいない。

 

 

私はテレビの音がする居間へ行った。

ヤマがひとりでテレビを見ていた。

ヤマは私に気がつくと、唐突にも「お腹空いた。500セファ(約100円)くれない?」と言ってきた。

 

たかが500セファかもしれないが、タイミングがタイミングすぎる。

第一簡単に金くれって言われるたびにイラっとする。

 

「どいつもこいつも二言目には金くれかよ!」

 

私は日本語で言い放った。

この気持を誰にぶつけることもできない。

 

しょうがないよね、私、日本人だから。 こんな最低な国、早く帰ってしまいたい。

 

 

ファティマタセネガル物語 第14話へつづく

 

動画で見るセネガルこんなところ。

セネガルではなんでもかんでも歌にする。
私の本名(マナ)を連呼して何を歌っているかというと、
「マナはすごいやつだ、これだけすごいやつはいないぞ。」ととにかく褒め称え、
その見返りとしておひねりちょうだいね!という流れ。
ただ「お金ちょうだい。」と言うだけではなく、これ以上ないほど褒めまくってからのおねだりなので、かわいいっちゃかわいいが、何て言ってるかわからないとあまり意味がない。

 

 

セネガルに行くならツアー慣れしているファティマタと一緒に!

ファティマタと一緒にセネガルに行こう!
今年から恒例のダンスレッスンツアーの他にセネガルのヤバく素晴らしいスポットを巡る観光ツアーを開催!ビーチや砂漠で美味しいセネガル料理を食べよう!

024webFATIMATAと行くセネガルツアー

FATIMATA主催のセネガルツアーは今年で10周年。
今年は10周年を記念して、今までになかった魅力的な企画が盛りだくさん。
FATIMATAと一緒にセネガルに行こう!
西アフリカツアー詳細ページ

 

 

参加者のほとんどがJICA青年海外協力隊!ウォロフ語(Wolof)講座

セネガルから帰って来てみんなが口を揃えて言うのが、「ウォロフ語もっとしゃべれるようになりたい!」
その通り!セネガルはフランス語は伝わるものの、ほとんどフランス語で会話をしている人はいない。どこを探しても学ぶことのできなかったウォロフ語。こちらでご用意しております。

wolofウォロフ文法講座

文法の基礎が分かればもっとウォロフ語は分かりやすい。
そんな誰もが悩みとしてかかえる文法の解説をファティマタがしっかりサポートする。

ウォロフ語文法講座詳細

 

 

ダンスレッスン、ダンス教室、ダンスクラス

sabar FATIMATAサバールダンス習得プログラム

日本のダンスシーンにセネガルの魅力を伝えた第一人者FATIMATAが伝授する。サバールダンスを100倍楽しむメソッド。

 

 

azonto fatimata

毎週木、土曜日アゾントダンスレッスン(水道橋)

30分のストレッチ、60分の有酸素運動、30分のセルフフットマッサージの充実の2時間。心と体を汗と笑いと癒しでリフレッシュ。

 

 

毎週月曜日アゾントフィットネス(西日暮里)azonto fatimata

ロンドンで大流行のアゾントフィットネスを一足お先に日本で楽しむ。仕事帰りに気軽に通えるお楽しみ。陽気な音楽に合わせて、まずは腰をツイスト、ツイスト。