ガーナのダンス、アゾントダンス(Azonto Dance)とは

ここでは、アゾントダンスと書いてるが、

実際は『アゾント』自体がムーブメントの名前のため、〜ダンスとは呼ばない。

『アゾント』とひとこと言えば、ダンスのことを意味している。

なのでアゾントとは曲のジャンルではなく、ダンスのことを指している。

ここでは、分かりやすいように『アゾントダンス』と表現した。

アゾントを踊る曲が『アフロビーツ』。

アフロビーツの定義はいろいろあるが、西洋のヒップホップやカリブのソカ、ジャマイカのレゲエやダンスホールの影響を受けて進化した、ガーナやナイジェリア、コートジボワール、アンゴラ、コンゴなどの最新ダンスミュージックを丸っと『アフロビーツ』と呼んでる節もある。

 

アゾントダンスとは、、、

ガーナのポップミュージックに合わせ、トラディショナルのステップをベースに、日常の動きを取り入れて、現代的にアレンジして踊られている。

ガーナのアーティストSarkodi(サーコディ)がガーナのトラディショナル『アパ』のダンスを取り入れ『Azonto Fiesta』という曲をリリースしたことで、そのダンスが『Azonto』と呼ばれ、ガーナは元よりアフリカ中で流行り出した。

その後、英国に拠点を置いて活動している、ガーナ出身のミュージシャンFuse ODG(フォーズオーディージー)が『Azonto』という曲を発信したことから、イギリスを中心に世界的に知名度がアップし、誰でも気軽に踊れるダンスとしてヨーロッパやアメリカで大ブームになった。

Sarkodi

 

Fuse ODJ

 

FATIMATAとLUCKYからアゾントダンスを習おう!

>>詳細はこちら