誰もが人との約束を優先してしまう。
分かっているのだ。誰だって。

私はこれまで人との約束はスケジュール帳に書くけど、自分との約束はスケジュール帳に書くことはなかった。

 

自分との約束って?

 

例えば、今日の夕方はたまっているレシートの家計簿を付けよう。とか、日曜日の午前中はジョギングしよう。とか。

それは、いつだって、「その時間はとくに予定が入ってないから自分のやりたい事をしよう。」的な思いつきの場合が多い。

でも、家計簿もジョギングもちゃんとした目的があるはず。

よくよく考えると、その小さな目的も、積もりに積もれば大きな目的(夢)と結び付くはずなのに、それをついつい軽く見てしまう。

 

でも、誰かのお誘いで、「明日の午前中空いてる?」なんて言われると、手帳を見て何も書いていなければ、「空いてるよぉ。」って埋めてしまうのだ。

そして、家計簿やジョギングは見送りになる。

また時間がある時にやろう。ってね。

それが積もりに積もるとどうなるだろう?

結局、大きな目的には辿りつけなくなってしまう。

(こわい。)(。>0<。)

要するに、自分の夢を先延ばしにしてしまうことになる。

fatimata(ファティマタ)

 

 
自分との約束は先に埋める。
自分が「これをしよう」と思ったことを、他の予定で埋まる前に先約にしてしまう。

それは、【自分との約束】として。

 

人との約束を守らないと『人に迷惑をかけてしまう。』ように、自分と約束を守らなければ、『自分に迷惑をかけてしまう。』

すなわち、なりたい自分を阻止している迷惑行為だ。

 

自分と先に約束してみる。

そして、その時間は『先約』として死守する。

そうすれば、きっと夢はすぐに叶ってしまうだろう。

 

そうだよ。(・ε・。)

実は誰もが分かっていることなのだ。

するかしないかの話だけなのだ。




 
ダンサーがマイクを握る。ダンスもプレゼンもエンターテイメントが好き!