ファティマタよさこい日記〜ガーナへの道〜(1)から読む

参加決意までの葛藤

実行委員の方からその事務確認の電話があったのは、19日の夜だった。

「今お返事じゃなくても大丈夫です。合同演舞申し込み締め切りは23日までなので、それまでゆっくりご検討ください。」

ゆっくりと言っても、あと4日。

それまでに意思を固めないといけない。

出るのか?出ないのか?

私は電話を切った後、新潟のSUGA JAZZ DANC STUDIOで教えている女性の先生にfacebookでメッセージを送った。

この先生は新潟に行くといつもご挨拶させていただいている先生で、須賀IZANAI連ではいつも前の方で踊ってる踊り子さんである。

 

11193391_10206153141129099_8495791003573282439_n

 

いろんなチームの振り付けやプロデュースもしているやり手の先生だ。

この人なら、的確な意見をくださるだろう。

 

ひょんなことで参加した振り落としワークショップ

私はこの須賀IZANAI連の振りを全く知らない訳じゃなかった。

実は、2回ほど東京で行われた振り落としワークショップに参加している。

それも、ひょんなことから。

このワークショップの情報を知ったのは、私が管理している『ファティマタ生徒掲示板』というグループに祭り好きの生徒がワークショップの情報を書き込んだことがキッカケだった。

ワークショップの情報に加えて、「このワークを受ければ、新潟総踊りの合同演舞なども参加できるそうですよ。」と生徒のコメントも加えてあった。

私はこの時点で、合同演舞がなんなのかよくわかっていなかった。

きっと、みんなが乱入して、知ってる振りをワッショイワッショイ踊るのであろう。

 

今年、新潟総踊りに参加することだし、ご挨拶がてら行ってみるか!

 

そんなノリでワークショップ会場に行ってしまった。

しかし、いざ乗り込んでみると、なんか様子が違う。

のっけから、真面目なウォーミングアップが始まった。

プリエとかアイソレーションとかフラットバックとか。

そして、真面目なウォーミングアップが終わると、いきなり男パートと女パートに分け始めた。

私はよく分からないけど、男を希望した。

そして、男振りと女振りと振り付けを入れ始めた。

しかも、その振りやカウントの取り方が、難しい。

 

あ、私、なんか場違いな所に来てしまったみたい・・・。

 

このワークショップは、須賀IZANAI連の新曲、『月カムナガラ』の振り落としのワークショップだった。

 

11347914_10205777904358325_59325872_o(1)

 

高知のよさこいに向けて、隊列も配置して、それぞれのパートがそのフォーメーションも覚えながらの振り落としだった。

私は男役。

初めてのジャンル。

かなり戸惑った。

 

そかし、その振り付けが、イキでカッコいい。

 

力強いポーズをとしなやかな動き。

 

私は、そのカッコイイ動きがサマに決まるように必死に覚え、必死で動いた。

そして、ある程度振りが入った所で、曲で合わす。

初めて聞く曲。

出だしにシャーンと鈴の音がなり、男役が下にグッと構え、女役が凛と立つ。

からの、ゆっくり鳴り響く三味線の音で、いきなりグワァっと全体が動き出す。

 

し、渋い!!!!

 

鳥肌が立った。

 

先ほどは場違いなところに来て、『ヤバい!』と思っていたが、

今度は、曲と振り付けが良い意味で『ヤバい!』

 

そんなヤバい作品も、慣れない振り付けが覚えきれず、私は結局グダグダな感じで終わってしまった。

 

この振り付けをもっと踊りたい。

 

なにを隠そう、私は2回目も受けに行ってしまったのだった。

しかし、残念ながら3回目からは、自分の生徒の発表会リハーサルと重なり、結局私が体験できたのは、月カムナガラの前半の振り付けだけだった。

 

作品とその信念を大切にする須賀IZANAI連

新潟のその先生に自分が2回レッスンを受けているという状況を伝えた。

まず先生は、私が参加を考えていることを喜んでくださった。

それから、『しかし、振り入れが完全でなければ参加は正直厳しい。』

とはっきりおっしゃってくれた。

 

確かに、あれだけ複雑な振り付けやフォーメーション、立ち位置が違うだけで振り付けもカウントも変わる。

ヒーヒー言いながら必死で覚えても、結局コテンパンにされた、新曲『月カムナガラ』だった。

ひとりが乱れれば、作品自体が乱れる。

そして、私は県外にいる。

もう東京での全てのワークショップは終わり、リハーサルに参加できる機会はない。

やっぱり、参加は不可能に等しい。

 

そして、先生は続いた、

作品に込められた想いや、振りのニュアンスなどはインストラクターから直接レクチャー受けることが条件なんですよ。

 

そりゃそうだ!

 

想いの詰まった大切な作品である。

みんながひとつになってその作品にならなければいけない。

インストラクターから指導受けることが絶対条件であることは至極当然の事だ。

でも、その先生は私にどうにか可能性を見つけてくれようとしてくれた。

 

『東京にもインストラクターがいるので、何かしらの方法でレッスンを受けていただければ参加は可能ですよ。』

 

私はお礼を言って、自分から東京にいらっしゃるインストラクターさんと連絡を取る旨を伝えた。

 

でも、私の気持ちは尻込んでいる方に傾きはじめていた。

自分のチームの振り付けもまだできてない。

自分が今一番没頭しなくてはいけないのは、自分の作品作り。

月カムナガラの振り入れも完全ではないし、

全体リハーサルに参加もできないし、

フォーメーションは難しいし、

須賀連で踊った経験ないし、

ジャズダンスなんてもう15年くらいやってないし・・・

ないし、ないし、のオンパレード。

 

参加できない正当な理由がこんなに勢揃い!!!!

「ほら、参加なんてできないよ、ファティマタ。」

完全に臆病な私が、自分にそう言い聞かしてた。

 

そして、すぐまたメッセージが来た。

 

『東京のインストラクターには伝えてあります。』

 

 

導かれし参加への道

とりあえずどうなるか分からないが、東京の先生とコンタクトを取った。

全ての振り落としワークショップが終了しているため、やるとしたらプライベートレッスンをお願いすることになる。

それでも、先生は快く引き受けてくれた。

そして、レクチャーDVDやスゲ笠や衣装で必要なグッズなどもすぐ手配してくれた。

しかも、その全てがとても良心的な値段なことに驚いた。

プライベートレッスンはやはり申し訳ない。

私は、東京にいる踊り子さんたちを募って補習ワークショップを企画したい、と申し出た。

すると先生は東京にいる踊り子さんたちのfacebookグループにも招待してくれた。

 

着々と、参加への道が切り拓かれて行った。

11137147_10207117961569007_6530461568089559096_n

 

あとは、須賀IZANAI連の合同演舞申し込みフォームの『参加する』ボタンをポチッと押す大仕事だけが残っていた。

 

その時すでに23日の23:30。

あと30分で締め切り。

 

いろいろ葛藤したが、もう決めた。

 

そして、私は意を決して『ポチっ』としたのだった。

 

(3)へつづく

みなさまへ

ガーナで12年続いていたよさこい祭が『元気がない』ということを知り、ガーナへ行くことを決めました。

そして、少しでもよさこいの本質を知りたく、須賀IZANAI連の参加を決めました。

そこで感じたことをガーナへ持って行くつもりです!

ガーナよさこいへの心の準備は整いつつあります。

ただ、それに伴う同行よさこいスタッフや現地踊り子の衣装などの経費等が足りていないのが現状です。

そこで資金のサポートをクラウドファンディングで集める事に至りました。

クラウドファンディングへの御協力のお願いです‼

ぜひ、応援よろしくお願いします!

拡散&シェアだけでもご協力して頂けたら嬉しいです♡

(このブログを多くの人に読んでいただく。それだけでも大きな力になります。)


応援してくださる方は

下記のURLよりお願いいたします。

https://motion-gallery.net/projects/ghanayosakoi

ガーナよさこい詳細:

https://www.facebook.com/events/1661553114090858/

プレスリリースPDF

▶︎踊り子、スタッフ募集!!

私たちは一緒にガーナに行ってくれる踊り子やスタッフを募集しています。

少しでも興味がある方、ぜひお気軽にお声がけください。

参加の仕方はいろいろあります。



1、安全にツアーに乗っかる。

2、現地集合でよさこいに参加する。

3、クラウドファンディングでサポートする

スクリーンショット 2015-09-18 1.59.57


(2015年9月19日00:00にスタート!)



どの形でも、私たちと一緒にガーナよさこいを盛り上げてくださる方、大募集です!

ツアー申し込みの締め切りが近づいています。

黄熱病の注射の予約も9月中に行わないと間に合いません。

少しでも迷っている方は、とりあえず注射はしましょう。

詳細をお伝えしますので、お気軽にメールください。

メール

 

▶︎ガーナよさこいツアー

詳細ページ





0722FLYER_BKクリックでPDFを表示

 

▶︎パッケージツアーに乗らずご自身でガーナに来られる方

※チーム参加費(現地集合)

参加費: 400ドル

衣装代、鳴子代、楽曲制作費、振付代、レッスン費用、

本祭中のドリンク代、参加費。

※事前に動画にて振り付けをお送りします。

 

▶︎ガーナの情報を共有するfacebookグループ

ご興味のある方はご招待するのでご連絡ください。

(ぜひ、facebookでお友達になりましょう。Mana Fatimata Ito で検索。)

もしくは、https://www.facebook.com/FATIMATA.JP

 

 

▶︎ファティマタを見に新潟へ来よう

これを読めば新潟総踊りが楽しめる!!

 

▶︎ファティマタ族スケジュール



11947663_10207207997779856_2673533532115554332_n

9/19(土)

13:48 新潟駅南口広場メイン会場

18:12 古町6番町

9/20(日)

12:42 新潟ふるさと村会場

14:06 万代シティ十字路メイン会場

16:06 万代シティ2Fシーキューブ未来会場

 

▶︎須賀IZANAI連合同演舞

11347914_10205777904358325_59325872_o(1)

9/20(日)

18:15〜18:40頃 須賀連@万代シテイ十字路

9/21(月祝)

18:54 須賀連@万代シテイ十字路