ガーナでのアゾントの第一人者

私のアゾントダンスの師匠、E-FlexことMichael(マイケル)。

 

彼はアゾントダンスの第一人者として『I am Azonto』と名乗り、世界中にアゾントの魅力を伝えている。

i am azonoto

FATIMATAが主催しているガーナダンスキャンプのメインインストラクターでもある。

今年の年末年始のダンスキャンプのメインインストラクター。↓↓

(参加費190,000円という低価格でMichaelを含め、素晴らしいダンサーからレクチャーしてもらえる。)

ガーナツアー

 

去年の様子↓↓↓

ガーナツアー ダンスキャンプ

 

ガーナのダンス事情

海外に出るためのVISAが簡単に取得できないガーナ。

 

職に就くことすら難しいガーナで、ダンサーが食べていくのは至難の技。

 

ダンサーたちができることと言えば、SNSを通して自分たちのダンスを発信し、海外にアピールすること。

 

彼らにとってinstagramはアメリカン・ドリームの入り口。

 

いろんなダンサーが「アゾント」と名乗って、Viral(バイラル)ダンスを配信する。

 

バイラルダンスとはシェアされることを目的として誰が見てもマネしやすいダンスのこと。

 

もはや、アゾントダンスの由来や歴史もしらず、アゾントダンスもどきをSNSに配信しているダンサーが氾濫している。

 

すでに30万以上のフォロワーを獲得し、自らアゾントを名乗り海外に進出しているダンサーもいるほど。

 

その状況を嘆いて、マイケルは『I am Azonto』というロゴを作り、本物のアゾントをガーナから世界に伝えている。

 

i am azonoto

 

マイケルの生い立ちがヤバイ

私がマイケルと出会った時は、すでにマイケルはガーナを訪れた海外旅行者にダンスを教えているダンサーだった。

 

やはり、マイケルもSNSの恩恵は受けていた。

 

ガーナを訪れた海外旅行者がそのレッスン動画を配信し、その動画を見てマイケルにレッスンを申し込む旅行者が後を絶たないそうだ。

 

マイケルの指導はとても熱心。なによりも、ご本人が教えることが大好きだ。

 

時間を忘れて夢中になって教えるマイケルに、我々が「もう時間とっくにすぎてますよ。」と告げるほど。

 

そんな彼、

 

実は、もともとは路上暮らしをしていたストリートチルドレンだった。

 

家もなく、学校にもいけない彼は、路上で物売りをしながら、大好きなダンスを独自流で練習していた。

 

辛いことがあっても、ダンスを踊るとハッピーになり辛いことも吹っ飛んでしまう。

 

ダンスが彼のスピリットを強くしていった。

 

ガーナにはそこら中に音楽がある。

 

彼からしたら、その全てが彼のステージ。

 

そんな彼にダンスコンテストの情報が舞い込んできた。

 

迷うことなくもちろん、参戦!

 

彼は得意のダンスで、なんとそのコンテストでチャンピオンになり、そこで初めて大金をゲットしたそうだ。

 

そのお金でようやく屋根のある寝床をゲットし、彼は、自分と同じような境遇にあるストリートチルドレンたちに無償でダンスを教え始めたのだ。

 

その活動がキッカケで、『小学校の子供達にもダンスを教えに来ないか』というオファーが舞い込んでくる。

 

彼の熱心な指導と人柄、ダンススキルが評判となり、いろんな小学校から呼ばれるようになった。

 

今では、毎日のようにいろんな学校に呼ばれてダンスの指導をしている。

 

小学校で子供達にダンスを教えるMichael↓↓

 

そこで、彼は少しずつお金を稼げるようになったそうだ。

 

彼のダンスを見たある人が、彼にも学があった方がいいと、学校に通わせてくれる費用を出資してくれて、マイケルは学校にも通えるようになった。

 

ダンスには可能性がたくさんある。

 

そう確信したマイケルは、ダンスを教えて得たお金を、学校にいけない子供達に援助するようになった。

 

いまでは、数名のストリートチルドレンたちが、マイケルの援助によって学校に通っている。

 

そして、いまでもストリートチルドレンたちに無償でダンスを教え、ダンスには無限の可能性があることを伝えている。

 

子供達に発表の機会を与えるマイケル↓↓↓

 

マイケルの初来日

マイケルは常に言っていた。

 

「僕がガーナ人(ダンサーとして日本に招聘される)で最初の来日を果たすんだ!」

 

それはいろんなガーナ人ダンサーが望んでいた。

 

私は内心それは無理だろう。と感じていた。

 

誰に言っても、「それは無理だ。」と口を揃えて言う。

 

ここは日本。

 

ガーナのダンスなんて誰が知ってる?

 

アゾントはまだまだ認知度が低く、マイケルのスキルと情熱量がどんなにすごくても需要が合ってない。

 

と、思っていたところ、、、

 

なんと、数ヶ月前、『マイケルをどうしても日本に呼びたい。』という支援者が現れた。

 

その実現に向けてここ数ヶ月、私も一緒になって動いていたのだが、

 

なんと、なんと!

 

来日が現実する!!

 

マイケルが最初の来日を果たすガーナ人ダンサーになった!!

ガーナからすごいダンサーやってくる!ワークショップ情報!

 

強い信念は動かないものも動かす力がある。

 

ほとんどの人が無理と決め込んでしまう中、彼は貫いた。

 

自分を信じる力。

 

そのことをマイケルは身を持って教えてくれた。

 

ダンスには夢を叶える力がある。

 

将来を担う子供達にそのことを伝えるために、マイケルは常にチャレンジし続けている。

 

マイケル a.k.a. E-flex初来日!

I am Azonto

 

ガーナダンスキャンプ

ガーナでダンス合宿!

ガーナに行って、マイケルたちからダンスを学ぼう。

ガーナダンスキャンプ詳細

アフロダンスキャンプガーナ2019 ガーナツアー