偉業達成、次のステージへ
いろいろ心境の変化があり、2014年3月1日(土)を持って、渋谷のサバールダンスクラスをクローズにすることにした。

私はサバールダンスの魅力を日本のダンスシーンやメディアに伝えることが出来た最初の日本人と言われている。

サバールダンスを日本人が理解できる形に解読し、その伝え方や独自の指導法を研究し多くの日本人が現地の人と同じ様にサバールダンスを楽しむことができるようになった。

 

DSC_6341 のコピースクリーンショット 2013-04-10 14.40.07 のコピー
 

今では私より若くて技術も身体能力も優れているダンサーたちがたくさん誕生し、その人たちが指導者になり始めている。

日本のサバールダンス人口が増えたことで、セネガル現地の素晴らしいダンサーが日本に来てサバールダンスクラスを持つ機会も増えた。

それは15年前では全く考えられなかったことだった。

とても喜ばしいことだし、本当にすごい

なんとも感慨深い。

 



そこで、思った。

私のプロモーション活動(ダンスクラス)は、ここら辺で終了してもいいんじゃないか?と。

私はそろそろ次のステップに進んでもいいのではないか?と。

なので、私は10年近く続けて来たサバールダンスクラスを閉めることにした。

 
次のステージへ進むと決めた2つの理由
この大きな決断をしたのには2つの理由がある。
1つ目は、体にガタが来た。
昔から体をよく知る専門家に言われて来ていた。

そもそも、東洋人とアフリカ人では骨格も身体能力も違う。DNAが違う。

とくにセネガルのダンスはアフリカの中でも、非常に激しい。

「体にムリをしていることは自覚しなさい。」と散々言われてきた。

情熱と勢いのあった当時の私は、その言葉は耳に入って来なかった。

「見てろよ。」

そういう気持で、黒人の骨格に近い筋肉の使い方を身につけるために、都内に2カ所しかない、特殊なマシンを用いたトレーニングジムに週4回ほど通い、それを5年続けた。

お陰で、セネガル人のように股関節が外れてしまうのではないかと思う様な動きに近づくことができた。

 





 

とにかくサバールダンスは簡単にマネができないところが好きだった。

他のダンスと全く違う特徴のダンススタイルがステイタスでもあった。

スピードと瞬発力と華やかさが売りのサバールダンス。

有酸素運動とかダイエット効果など、そんな生ぬるいことを言ってられるようなダンスじゃないところに誇りを感じていたし、それを求めてくるフィットネスクラスの依頼をお断りすることもあった。

よって、それを継続していた結果、ついに体が壊れた。

膝痛と腰痛が、慢性的になってしまった。

 
2つ目は、価値あるものをもっと大切にしたい。
私が長年かけて解読してきたもの、たくさんのダンサーを生うむことができた独自の指導法、やはり私にとっては財産。

とても価値がある。

気がついたら、サバールダンスの探求にかけてきた年月は15年。

セネガル渡航やその研究のために集めた資料など、費やしたお金はおそらく1,000万円は下らない。

そうして身につけた知識を日本人に分かり易く効率よくお伝えする術がすでに私の中にある。

それらをお伝えすることで、1からサバールダンスを習得したい人が、私が今まで費やして来た同じ期間や費用をかける必要はないのだ。

私はその知識を、オープンクラスで流しっぱなしにするのではなく【本気で学びたい人】のためにカリキュラムとしてパッケージにすることにした。

ただし、本当に学びたい人限定とする。

カリキュラムは全10回にし、立ち姿勢から、音の捉え方、ドラムのパートの違いが理解できる基礎編から、ステップの踏み方、見せ方、それぞれのリズムの違い、ドラマーとのコミュニケーションの仕方、いろんなリズムの合図の出し方、最終回にはそれぞれのリズムでフリーダンスが踊れるまで。

(★近日中にカリキュラムの内容と合わせて詳細をサイトに掲載します。)

そういう提供の仕方に変える。

こういう理由から毎週行っていたサバールダンスクラスを閉めることにした。

 
新しいダンスクラス
だからと言って、今まで毎週楽しみに通っていた生徒の行き場が突然なくなるわけではない。

新しいダンスクラスに生まれ変わるのだ。

どんなクラスか。

それは、無くなると困るクラス。

それはどんなクラスか。

習慣化して体が喜ぶクラス。

 

何を隠そう、私が今一番そういうクラスを求めている。

私が通いたいクラスなのだ。

この私も、ブログ書いたり、ホームページ更新したり、パソコン作業は多い。

目から首、肩にかけては気がつくとガチガチになってる、時には肩凝りで気持悪くなることもある。

そして、キオスクのチョコレートのせいか、下っ腹が気になりだしている。

やはり、ダンスは絶対したい。

しないとストレスも溜ってしまう。

でも体にムリなく楽しく踊りたい。

有酸素運動で、酸素を体内に送り、たくさん汗がかけて、難しくないダンス。

リズミカルでノリがよく、コミカルで面白く、慣れて来たら応用も利いてフリーでも踊れるダンス。

そして、その後はしっかり体のメンテナンスも出来る時間があり、年に何回かは発表の機会もある。

今までとは違った自分をそこで開花でき、自分の殻を破ることで、仕事の場でも、ひと前に立った時にその表現力が発揮できる。

いろんなことに前向きで探究心があるクラス。

そんなクラスがあったら、私は嬉しいし、絶対通いたい。

 

だったら、私がやろう。

 
3/15(土)より水道橋でオープン
リニューアルオープンにするクラスのジャンルはもちろんアフリカンダンス
AZONTOをベースにしたものを、私のクリエーションを加えた、FATIMATA流アフリカンダンスクラス。

AZONTOダンス



 

そして、ダンスレッスンに加えてダンス後のクールダウンもセッティングする。

シアバターのセルフマッサージタイムを設け、アフターケアを充実させる内容。

シアバターセルフマッサージについてのブログ

 

NEWクラス 3/15(土)水道橋にてスタート。(詳細、近日中にUP。)

場所:水道橋駅から徒歩5分

日時:毎週土曜日 14:00〜16:00(2時間)(多少の変動あり。)


ストレッチ長めのダンスレッスン(90分)2500円
シアバターセルフマッサージ(シアバター使い放題)(30分)500円

【ダンス&セルフマッサージチケット】
4回チケット 10,000円
8回チケット 18,000円

(時間等は調整中。)

 
3/1(土)のラストクラスのお知らせ
そこで!

3/1(土)の渋谷ワークルスタジオ最後のダンスクラスはAZONTOダンスを無料体験プレゼントすることにした。

13:05〜14:20 アゾントダンスクラス(プレゼント)
14:25〜15:25 最後のサバールダンスクラス 2500円又はチケット

場所などの詳細:http://wp.me/P4hPzW-4H

 

今まで、ダンスに今一歩踏み込めなかった人も、これを機会に是非はじめてみて欲しい。

ダンスはやってみると面白い。

きっと気に入ると思う。 




私たちと一緒に踊りませんか?

fatimata azonto dance lesson

FATIMATAダンス教室

神に祈りを捧げなくても、豊作を願ったりしなくても、パンツスタイルでラフに楽しく踊れるアフリカンダンスがある。
初めてでも大丈夫。ダンスの後は体のアフターケアも加えて心も体もリフレッシュする時間を週に一回作りましょう。
(水曜日、土曜日 @水道橋)