instagram社会

日本ではそうでもないが、アフリカ、ヨーロッパのinstagramへの執念は半端ない。

 

特に、アフリカの中でも私の関わってるガーナ、ナイジェリアが著しいように感じる。

 

毎日のようにガーナ人、ナイジェリア人からDMに届くメッセージ。

 

「俺のNew Songで踊ってくれ。」

 

音楽に関わっているアーティストは影響力のあるダンサーにその曲を使ってもらい、バイラルダンス(誰でもマネできる感染力のあるダンス)でシェアしてくれることで、拡散してもらえる。

 

影響力(フォロワー数が多い)が多いダンサーほど倍率が高い。

 

私はフォロワー数は多くないが、アジア方面にも認知度を広めたいと思っているアーティストにとっては貴重なダンサーなのかも。

 

私ですら、一日に一回は「俺のnew songで踊って」メールが届くのだから。

 

インフルエンサー(影響力のある人)ダンサーは一日に何十通と届くのかもしれない。

 

どの曲を採用するかは、その曲が好きかどうかが大前提だが、そのアーティストのフォロワー数でもだいぶ左右される。

 

やるからには、こちらにも多少のメリットがなければね。

 

だって、人間だもの。

 

でもね、私が不採用した曲、アーティストたちはそれでも諦めないの。

 

他のアーティストとのコラボ動画を配信するたびに、メールが来る。

 

「俺を忘れたのか?」

 

と、そんな具合に。

 

諦めないが肝心

「俺を忘れたのか?」

 

そう、確かに、単純に忘れていた場合もある。

 

そんな時にメールをもらえると、「そうだこの曲もあった。」と思い出せる。

 

人は忘れる。

 

受け取った時にインパクトがあったとしても、時の流れと共に他の情報にどんどん上書きされて、最初にもらった曲は忘れちゃう。

 

「俺を忘れたのか?」

 

このしつこいようだが、リマインドメールは嫌うどころかありがたい。

 

我々日本人なら、採用されなかったと思ったら、その時点で諦めるよね。

 

採用されなかったわけでなく、タイミングを逃していただけのパターンも結構ある。

 

彼らを見習って

先日、ビッグアーティストのマネージャーから、「この曲でぜひ踊って欲しい。」とのオファーがあった。

 

条件は、そのアーティストのアカウントでそのダンス動画をシェアします。とのことだった。

 

好きなアーティストだったから大興奮して、すぐさま彼の曲でダンスビデオを撮ったの。

 

マネージャーにその動画を送ったものの、全然そのアーティストがシェアしてくれない。

 

本来なら、ガッカリして終わり。

 

でも私はアフリカ人アーティストたちを見習って、同じように催促メールをしてみた。

 

「私を忘れたの?」と。

 

そしたら、なんと、その5分後にはシェアされたの。

 

そう、採用されなかったのではなく、忘れていただけだった。

 

だから、『シツコイと嫌われてしまうかも』と思う前に、『リマインドしてあげよう』とポジティブに考える。

 

この楽観的な発想、私たち日本人に必要かもしれない。

 

 

アフリカンダンスクラス情報

FATIMATAアフリカンダンスクラス情報

はじめてのダンス

afrobeats azonto dance class

 

ガーナダンスキャンプ

年末年始はガーナでダンス合宿!

寝ても覚めてもダンス三昧の旅はいかがですか?

ガーナダンスキャンプ詳細

アフロダンスキャンプガーナ2019 ガーナツアー

 

FATIMATAと一緒にセネガルに行こう!

FATIMATAと一緒ならセネガルのアレやコレや現地に密着した体験が効率よく出来ちゃう。

FATIMATAと一緒に行くセネガルプライベートツアー