きょうのアゾント

EテレのEXILEの番組”Eダンスアカデミー”で、『きょうのアゾント』がコーナー化した!

アゾント

写真元

何を隠そう!このコーナー、ファティマタが監修を務めている。

番組内では、小学生が日常にやりそうな動きを、Fuse ODGの『Azonto』の曲に合わせて踊る。

この、クララとカノンが、やばくかわいい!

見てて思わず笑みがこぼれてしまう。

%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%82%bd%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%882

写真元

 

Eダンスアカデミーは毎週金曜日の午後6時55分から放送

 

フィットネスとして大ブームなアゾント

日常の動きをコミカルに取り入れて踊るこのガーナ発祥のアゾントは、誰でも気軽に踊れることで、欧米やヨーロッパではフィットネスとしても大ブームになっている。

 

ファティマタがアゾントを始めるキッカケとなったガーナ人アーティストがこちら。

見てもお分かりのように、とてもキュートなダンスなのだ。

 

アフロビーツで踊るアゾント

ここ最近、アフロビーツで踊るダンサーが増えてきた。

アゾントもアフロビーツで踊る。

アフロビーツとは、ガーナやナイジェリアやコートジボワールなど、とくに西洋のラップに影響を受けた西アフリカの最新のダンスミュージックのこと。(定義はいろいろあるらしいが。)

Afrobeat(アフロビート)とAfrobeats(アフロビーツ)では、”s”が付くか付かないかでまったく違う音楽になってしまうので、要注意。

アゾントを踊る時は、”s”が付くAfrobeatsの方。

 

アフロビーツで踊れば全てアゾントだと思っている人もいるみたいだが、そうではない。

アゾントはガーナから生まれたダンス。

ステップに名前があるものも多い。

ナイジェリアのスタイルやコートジボワールのクペデカレを取り入れて踊ることも多いが、突っ込んで聞くとそれらは「アゾントではない。」とガーナ人は語る。

 

 

日本初のアゾントユニット

アゾントを踊るユニットとして、2015年から始まった。

FATIMATA & LUCKY

 

誰でも楽しく踊れるアゾント

FATIMATA & LUCKYはアゾントダンスのワークショップも開催している。

アゾントダンスワークショップ

 

大人も子供も誰でも気軽に踊れるアゾント。

ちょっと腰をシェイクして、肩を揺らすだけ。

日常の動きのジェスチャーにアゾントのノリを加えるだけで、誰でも簡単にアゾントできる。

日本でも、もっともっとアフロビーツがかかって、みんなが気軽にアゾントが踊れる日が増えたら、最高に楽しいだろう!

そんな日を楽しみにしている!!

レッツ、アゾント!!!