DancehallとAfrobeatsがヤバイ!

この風潮はなんだ!なんだ!

 

(以下、全部ダンスのお話です。)

 

日本のニッチなダンスシーンの中で、ダンスホールがめっちゃ盛り上がってるのは知っていた。

 

それを、私を含むアフロビーツフリークたちは、指を加えて眺めていた。

 

アフロビーツがヨーロッパやアメリカはもちろん、日本を除くアジアでも今では爆発的な人気になっているのは、instaを見て知っていた。

 

海外のダンスホールシーンではアフロビーツを知らなければ、DJたちはブッキングをしてもらえないらしい。

 

日本はそういう意味ではちと遅れている。

 

だが、その風潮は日本にも押し寄せて来ていると、あるダンスホールのカリスマダンサーは言う。

 

そのダンサー、努(オンナマタヂカラ)Mai。

オンナマタヂカラ

 

 

そう、いまや、ダンスホールダンサーたちも、流行りに乗ってアフロビーツを取り入れているダンサーたちが増えている。

 

この流れを誰よりも先に気づいていたMaiは、私と一緒に3年前にすでにガーナに来てアフロビーツを学んでいる。

 

 

偶然の名古屋営業

オンナマタヂカラのMaiは、地元の飲み仲間。

 

そのMaiたちのショウと、私のアフロビーツのワークショップが奇跡的に同じ日付で同じ名古屋で重なった。

 

このダンスホールとアフロビーツの首脳会談を地元の飲み屋でしていた矢先、お互いの名古屋情報を知り、我々のテンションがブチ上がったことは、想像付くだろう。

 

その奇跡の偶然、二つまとめて乗っかるのか、乗っからないのかはあなた次第。

 

11/16(土) 19:15~20:45

FATIMATAのアゾント・アフロビーツワークショップ

fatimata workshop in 名古屋

 

11/16(土) 

この日はオンナマタヂカラのMaiとUchikoのユニット。

『ハイドロポリス』

dancehall

お問い合わせは insta @yamashiterman

 

このイベントはFATIMATAも遊びに行く。