タクシーに引かれた

実は、今年(2019年)の1月、セネガルでタクシーに引かれまして。

 

道路の端を歩いていたら、後ろからタクシーが突然ぶつかってきて、道路に転倒した私の左足を引いた。

 

しかも、ツアー参加者を引率している最中。

 

いきなりの出来事に、ビックリしたのと同時に、引率者でありながら起きてはならないことが起きた。

 

そんな時、とっさに、『なんでもないよ』としらばっくれた態度になるのはなんでだろう。

 

めっちゃポーカーフェイスを決め込んで立ち上がった。

 

内心、心臓のバクバクが止まらず、心の中では「落ち着け、落ち着け、落ち着け」と連呼してる。

 

同行していたメンバーも突然の出来事に動揺を隠せず、私の吹っ飛んだ帽子やらサングラスやらを拾いに行き、砂埃を一生懸命はたいてる。

 

運転手が出てきて、私の前に立った。

 

私も動揺してるが、運転手も動揺しているのが伝わった。

 

動揺しているふたりが、冷静沈着を装って次の言葉を探そうとしていた。

 

「怪我はなかった?」

 

周囲の野次馬的な視線が、めっちゃ私たちに注目してる。

 

通りすがりの人も、物売りも足を止めて、めっちゃこっち見てる。

 

 

まずは、足踏みをしてみた。

 

問題なく動ける。

 

体じゅう、いろんなところがズキズキしてるが、恥ずかしさの方が勝って、そこまでの痛みを感じてない。

 

でも、大事に至ってなさそう。

 

しかし、車のタイヤが私の足を乗り上げたのだ、何もないってこと、あるのか?

 

 

 

「警察に行く?」と運転手。

 

「いや。」

 

私はいま日本人たちを引率している最中。

 

とりあえず運転手と電話番号を交換し、ナンバープレートを撮影させてもらい、その場を解散した。

 

 

海外旅行保険に電話

とにかく大事には至ってなさそうだが、こういうのって、後から不具合が来る。

 

私のクレジットカード(アメッックスゴールド)は海外旅行保険が附帯されているから、サイトで対応窓口を調べて電話してみた。

 

コレクトコールのやり方がよくわからず、Skypeのアプリからコール。

 

すぐ繋がって、しかも「すぐに折り返します。」と、窓口の方からすぐに折り返しの電話をかけてきてくれた。

 

そして、「さっきタクシーに引かれたんですが。」と。

 

応対してくれてる人も、一瞬とまどって、「そ、それはお見舞い申し上げます。」と。

 

で、何か揃えておかないといけない書類とかあるか聞いた。

 

そしたら、、

 

何もいらない。

 

とのこと。

 

証拠となる書類やら写真やら、そういうのはあれば参考に同封してほしいが、基本は何も準備しなくてよい。

 

海外旅行保険会社から送られてくる書類に、事故発生日時や場所、どんな状況だったかなどを書いて返送すれば、事故に遭った日から、180日間通院した費用がすべて補償されるとのこと。

 

ただし、鍼灸院やマッサージは適応なし。

 

医師や柔道整復師が書いた診断書がないと、補償はされないとのこと。

 

180日間、鍼灸院で美顔針をやりまくったとしても、それはお金は戻ってこない。

 

帰国後送られてきた書類の送付元は損保ジャパンだった。

 

 

帰国後すぐに整形外科へ

帰国後すぐに整形外科へ。

 

ふくらはぎにはまだ痛々しいタイヤの後。

 

怪我

 

受付窓口で、「つい先日、セネガルでタクシーに引かれまして。」

 

窓口には二人女性がいたが、二人とも「え!?」と顔を上げた。

 

レントゲン結果

ドクターに状況を説明し、「とりあえず写真(レントゲン)撮りましょう。」と。

 

撮影されたフィルムをしばらくまじまじ見て、ドクターが神妙な面持ちで言った。

 

 

 

 

「土踏まずにアーチがないですねぇ。」

 

 

 

 

とりあえず、それ以外の異変はなかった。(っておい!)

 

ファティマタの足

事故ってもネタに尽きないファティマタは本当に運が良い。

 

なので、よかったらこちらのブログもどうぞ。

異常すぎるファティマタの足!

 

ガーナダンスキャンプ

年末年始はガーナでダンス合宿!

寝ても覚めてもダンス三昧の旅はいかがですか?

ガーナダンスキャンプ詳細

アフロダンスキャンプガーナ2019 ガーナツアー

 

FATIMATAと一緒にセネガルに行こう!

FATIMATAと一緒ならセネガルのアレやコレや現地に密着した体験が効率よく出来ちゃう。

FATIMATAと一緒に行くセネガルプライベートツアー