一生に一度はアフリカに行ってみたいけどなかなか行けない理由

そんな風に漠然と思っている人は多い。

でも、イマイチ行けない理由がいろいろある。

1、アフリカでもどこの国に行ったらいいのか分からない。

2、安全なの?

3、アフリカのガイドブックがない。

4、旅行会社で出しているツアーがバカ高い。

 

最近、テレビでよく特集されているアフリカ。

img02

 

やたらアフリカのキーワードが出て来て、情報としては身近に感じられるようになった。

それでも、やっぱり行くとなると遠い。

まず、アフリカの中でもどこに行ったらいいのかわからない。

そして、旅行会社で企画しているツアーの金額が「試しに行ってみよう。」というレベルの金額じゃない。

 

アフリカはFATIMATAと行けばいい!

そうなのだ。

みんなの身近にいる。

FATIMATAと一緒にアフリカは行けばいいのだ。

 

ダンスオタクのファティマタはダンスの追求のために、セネガルには13回も行っている。

そのうちの9回はツアーを組んでいる。

ツアーを組んだキッカケはいろいろ。

ツアーを組まなかったら経済面でセネガルに行けなかったからというのもあるが、

もっと大きな理由は、

私が参加したいと思う様なアフリカツアーが他に存在していなかったから。

もう10年以上も前になるが、私が参加した『セネガル現地でダンスに触れよう!』というツアーはひどかった。

忘れもしない、ほんとにひどかった。。。

それらを全て改善するツアーを自分で企画した。

 

タンガナツアー

 

とにかく、自分がこれなら参加したいと思うツアーを実現させていった。

そしたらありがたいことに、私と同じ状況にいるダンサーたち、『こんなツアーだったら参加したい』と思う人たちが全国から集まり、世界にまで知られるほどの大きなツアーに発展した。

2014年で10周年目を迎え、参加者数は延べ100人を越えるツアーになった。

 

タンガナツアー

セネガルツアー アフリカ旅行セネガル旅行セネガルツアーサバールダンス

 

セネガルのダンスシーンしか知らないというデメリット

でも、そんなすごいツアーに成長しても、足りないところもある。

それは、私がセネガルの中でもダンスシーンしか見てこなかったということ。

セネガルにはもっともっと素晴らしいところがある。

私はそれを知らない。

 

top2

 

セネガルの素晴らしさを教えてくれた奇跡的な出会い

2013年、セネガル現地で私は奇跡的な出会いを果たした。

それはなんと!

セネガル在住のセレブ日本人との出会い。

私がセネガル滞在中、彼女の方からメールをくれたのだ。

なんでも、セネガル市内を歩いていると、サバールダンスを踊る日本人と間違えられて声をかけらるとか。

そして、彼女はそのサバールダンスを踊る日本人が誰なのかネットで探したら、私のホームページが出て来た。

それで、私に問い合わせをして来たのだ。

彼女の名前はMARI。

ダカール市内のホテルやレストラン、アミューズメントはほとんど遊び尽くし、郊外の観光名所もほとんど行き尽くしている。

13回もセネガルに通っている私に、私の知らないセネガルをちょっとだけ案内してくれた。

その時のレポートはコチラ。

私の知らないダカール 〜こんなステキなリゾート地があった!!〜 その1

私の知らないダカール 〜こんなステキなリゾート地があった!!〜 その2

私の知らないダカール 〜こんなステキなリゾート地があった!!〜 その3

 

そしてこの彼女、なんと千原せいじの『こんなところに日本人』の番組のセネガル特集のコーディネートまで務めている。

 img022回目(笑)

 
セネガルの魅力を存分に!

ということで、彼女がいれば、普通にアフリカを知りたい、触れたいという人のための素晴らしいツアーが組める。

ダンスはしなくていいんだけどなぁ。という人が気軽に参加できるセネガルツアーが組めるのだ!

そんなアイディアがひらめいた私は、一般ウケするセネガル観光のコーディネートを彼女にお願いすることにした。

今まで培った私のツアー経験も合わせれば最強だ。

彼女が案内してくれる場所のほとんどは私は行ったことない所。

それがまたいい。

とにかく、彼女自身がエキサイティングした場所をピックアップしてくれた。

内容はこんな感じ。

 

 

 

そして今年はセネガルだけではない!!!!

 

どうせだったらちょっとだけダンスしたいという人のために

セネガルみたいな激しいダンスはムリだけど、やっぱりアフリカに行くなら音楽とダンスに少しでも触れたい。

そんな人のための企画もある。

 

ガーナでよさこい

チョコレートでもおなじみのガーナ。

実はガーナは日本との交流が深い。

なんと、ガーナ現地では日本のよさこいダンス祭りが行われている。

どうせセネガルまで行くなら同じ西アフリカにあるガーナに寄ってみるのはどうだろうか??

 

なぜファティマタがガーナに!

最近、惚れ込んでいるダンスがある。

ガーナ発信の『アゾントダンス』。

これがノリノリで軽快でとっても楽しい。

このダンス、ロンドンで大流行して、世界に波及し、アフリカ全土でもみんなが踊り出しているほど大人気のダンスだ。

なのになぜか、日本にだけ上陸していない。

どうしてもこのダンスを踊りたくなったファティマタは我慢しきれず、自分のクラスで踊り出してしまった。

それが、生徒たちにも火が付き、いまではアゾントダンスクラスとして定着してしまった。 

 

高知のよさこいで話題になっているチーム『かなばる』

高知のよさこいにすごく話題を呼んでいるチームがある。

その名も『かなばる』

これは東京と高知から参加者を集め、トリニダート・トバコのカーニバルとよさこいを融合させてしまったスタイル。

 

 

その仕掛人はカリブには何十回と足を運んでいる、Selector HEMO。

8hemo

 

レゲエやSocaミュージックの世界で彼女を知らない者はいない。

その彼女が遂にアフリカに着目しアフロビートを追求しはじめたのだ。

 

驚異のコラボレーション、今年最大の大挑戦『ガーナでよさこい』

そして、なんと!

最大のアクシデントが起きてしまった!!!

 

FATIMATAとSelector HEMOが接触!

 

これは神様のいたずらと言うしかない。

出会ってしまった。

この二人が。

 

アフリカとよさこいと言えば・・・・

たどり着いたのはココだった。 

 

ガーナでよさこい

 

そして生まれてしまったコラボ企画!

 

 

この機会は見逃せない!

 

ツアーの詳細

ツアーの詳細はこちらをチェック 西アフリカツアー

 

忘れられない思い出を一緒に作ろう!

 



 

 

 セネガル旅行、セネガルツアー、ガーナ旅行、ガーナツアー

024webFATIMATAと行くセネガルツアー

FATIMATA主催のセネガルツアーは今年で10周年。
今年は10周年を記念して、今までになかった魅力的な企画が盛りだくさん。
FATIMATAと一緒にセネガルに行きましょう!
西アフリカツアー詳細ページ

 

JICA青年海外協力隊も納得のウォロフ語(Wolof)スクール

SkypewolofSkypeウォロフ語会話

日本は毎朝7時から、セネガルは毎晩22時から。
日本語が話せない現地のセネガル人と会話をしながらファティマタが文法を解説。
実践の会話に出て来る謎(文法)を解き明かそう。

Skypeウォロフ語会話 詳細

 

ダンスレッスン、ダンス教室、ダンスクラス

sabar FATIMATAサバールダンス習得プログラム

日本のダンスシーンにセネガルの魅力を伝えた第一人者FATIMATAが伝授する。サバールダンスを100倍楽しむメソッド。

 

 

azonto fatimata

毎週木、土曜日アゾントダンスレッスン(水道橋)

30分のストレッチ、60分の有酸素運動、30分のセルフフットマッサージの充実の2時間。心と体を汗と笑いと癒しでリフレッシュ。

 

 

毎週月曜日アゾントフィットネス(西日暮里)azonto fatimata

ロンドンで大流行のアゾントフィットネスを一足お先に日本で楽しむ。仕事帰りに気軽に通えるお楽しみ。陽気な音楽に合わせて、まずは腰をツイスト、ツイスト。

 

 

ブログ 

Red pencil marking an F on paper close up. Image shot 2009. Exact date unknown.ファティマタブログ

ファティマタ過去ブログ(アメブロ)