01日記 02ダンス 08グルメ

東京から一番近い南国、青い海と海鮮が激ウマのパワースポットの南伊豆に行ってみた!

舞い込んできた南伊豆

私のダンスの生徒のひとりが、この夏から南伊豆のコテージで働いている。

 

「ファティマタさん、夏にファティ部のみんなと南伊豆に合宿に来ませんか?」

 

ファティ部とは、ファティマタを含めたダンスクラスの生徒たちのこと。

地理感のないファティマタは、南伊豆がどこにあるのかも把握してないまま二つ返事で「いいね!企画する!」と即答した。

何も調べないまま、直感で即決することがよくある。

それが『ご縁』だ。(なんと安易な。。。)

 

南伊豆がかなり南国という噂

その話をある人に持ちかけたところ、こんなリンクが送られてきた。

伊豆が好き.com/hirizo

南伊豆ヒリゾ浜

 

え!

想像を超えすぎている。

東京から一番近い南国とも言われていて、海が本当にキレイらしい。

しかも、海鮮がうまい!とのこと。

 

まずは下見

とは言ってもだ。

噂だけで決められない。

実際に行って、興奮しながら合宿の計画を練りたい。

ということで、生徒が働いている南伊豆のコテージに実際に行ってみた。

 

あいにくの雨

ファティマタが出発した日はなんと、終日雨。

雨でも、旅はワクワクするものだ。

車に乗って、いざ出発!

高速だと静岡まではあっという間。

さっそく、お寿しの看板が目に入った。

きびなご寿し

ただ、残念なことにテイクアウトのみ。

とりあえず一人分だけ購入して、車に戻った。

 

車を走らせていると、次に目に飛び込んで来たのは、小さい店構えのお寿司屋さん。

こあじ鮨『八起』

「ちょっと見てみようか。」

店の前の小さい駐車場に車を止めようとしたら、

絶対ガンコであろう、お腹でっぷりの白いテロテロTシャツ(あれは肌着だな。)を着たおじいさんが店から出てきて、

車の後方に立ち、両手を上げて、バックオーライしてきた。

この店の亭主だ。

もう、絶対に引き返せない空気。

でも、絶対に美味しいであろう予感。

 

大当たりだった!!

小あじ鮨八起 小あじ鮨八起 小あじ鮨八起八起

ランチセットは小あじ鮨とカサゴ汁のセット。

空腹だと、一気に食べてしまいそうなのを、ひとつ、ひとつをゆっくり噛み締めていただいた。

額の汗を拭いながらすする、このカサゴ汁が体に染みる。

 

「一軒目のきびなご寿しがテイクアウトで良かったね。」

 

至福の顔。

 

パワースポット『馬ロック』黄金崎公園

次に向かったのが、黄金崎公園。

なんでも、馬の顔のカタチをした大きい岩があるそうだ。

そう言われてもね。

「へぇぇぇぇ。」(ぜんぜん興味沸いてない。)

 

だが、行ってみたら、想像を超えるスケール!

 

黄金崎公園 馬ロック 黄金崎公園 馬ロック

 

「うぁぁぁぁ!!」と声を出した。

 

黄金崎公園 馬ロック 黄金崎公園 馬ロック

 

そこに現れたのは馬の顔!

「馬だ!!」(見える?)

 

馬とご対面!

黄金崎公園 馬ロック

 

サンダルで来てしまったけど、誰もいないし、奥まで行ってみよう!

 

黄金崎公園 馬ロック

 

黄金崎公園 馬ロック 黄金崎公園 馬ロック 黄金崎公園 馬ロック 黄金崎公園 馬ロック

 

はしゃいでいたら、雨も上がった。

ここだけでも、撮影したいスポットがたくさん。

「ここステキかもぉ。」と言いながら、スマホでロケーションをマーキングしながら歩く。

黄金崎公園 馬ロック

 

それをテキトーにつなげてみたのがコチラ。

 

観光案内を見て、次に行きたいところを確認

観光案内の看板を見て、指をはわせる。

写真の右側、堂ヶ島のトンボロに行ってみよう!!

が、、

あいにくの雨と、満潮のタイミングで、看板の写真のような景色は拝めなかった。

ただ、その分、霧に包まれた山道が神秘的すぎて、トトロになった気分。

堂ヶ島トンボロ 堂ヶ島トンボロ

 

すっきりしない天候でたどり着いた絶景スポットも「閉店中」という顔をしている。

 

「じゃぁ、次は露天風呂行こっか!」

そんな時は、気分を変えて次!

看板で紹介されていた露天風呂に向かった。

 

到着した温泉地の駐車場には一台も車はなく。

どうやら私たちだけっぽい。

中に入ってみると、観光案内にあった写真とだいぶ印象が違う。

 

お湯は熱いし、結構狭い。

「これは、合宿には不向きですね。」

調査してます風の評価をして、だれもいない露天風呂を満喫。

 

いざ、コテージへ

我々の夜ご飯は、コテージでのバーベキュー!

これが、今日のメインテーマである。

ただ、残念なことに日曜日なので、市場はどこもお休み。

スーパーでバーベキューの材料を調達。

いろいろ回ってみたが、

バーベキュー用にカットされている野菜や肉を買うならここが楽ちん。

フードストアあおき

 

あと、新鮮な魚介類をゲットするなら、ここ!

ここで獲れたての新鮮な魚介やお野菜が売っている。

土日祝日なら16時までやっている!!

はんばた市場

はんばた市場 はんばた市場

 

 

コテージ到着!

山の中をぐるぐる入り(これは車じゃないと絶対ムリ!)

ようやくたどり着いたのが、コテージの駐車場。

そこから、徒歩ですごい急斜面の下り坂を下りないとコテージにはたどり着かない。

ザ、山奥!

でも、コテージはとてもキレイで、家具などもすべて新品。

すごく気持ちのよい場所だった。

下の動画が我々がドローンで空撮したコテージの映像。

私たちが泊まったのは、大きい建物の奥に見える茶色のコテージ。

手前のプール付きの建物に受付があり、6人部屋やツイン部屋などがある。

脇を入ると露天風呂もあるよ。

CAYPOINT(ケイポイント)

 

いざ、バーベキュー

たいへんなことに気づく!

アウトドア番長がいない。

今までバーベキューだけは、仕切ったことがない。

過去参加してきたバーベキューの記憶をたどって、バーベキューの準備!

 

とりあえず、カタチにはなった!

 

海鮮多めのバーベキュー!

貝類はさっきまで動いてた、めっちゃ新鮮なやつ!

プリップリで美味しい魚介をいただく。

最高のバーベキューだった。

 

朝の散歩は超幻想的な世界

朝、窓のブラインドを開けると、あたり一面が霧に包まれていた。

まるで雲の中にいるみたい。

以前、スーパー銭湯に『森林ミストシャワー』というコーナーがあったが、

ここは、100%天然のやつだ!

これが、本物の森林ミストシャワーだ!

緑の香りと、自然の音、そしてミスト。

これは、映像にしないともったいないやつ!

すぐに、着替えてから散歩を開始。

 

激ウマのイカ丼

早朝の散歩が終わり、10時のチェックアウトを済ませてから、コテージ付近で少し撮影。

12時近くなり、もうお腹がペコペコ。

我々が向かったのは、新鮮な魚介類がが食べれる食堂。

沖あがり食堂

沖あがり食堂

 

一番人気のイカ様丼。

仁科の真イカを短冊に切った刺身と、漁師秘伝の漬けダレに漬けた刺身を半々に盛った丼物。

イカサマ丼

これ、激ウマ!!

最初は、「イカかぁぁぁ、、、イカ以外はないの?」 くらい思っていた。

いや、イカを侮ってはいけない!!

なんなら、あのイカ丼をもう一度食べたくて、伊豆にまた行きたいくらいだ。

合宿の二日目は、ここの食堂できまり!

 

夕焼け前の帰路

帰り道、太陽が顔を覗かせた。

海がキラキラ光っている。

今まで見えなかった富士山も顔を出した。

 

伊豆に来て、初めての太陽。

「キレイな海を見てってちょうだい」と、ちょっとだけ、会いに来てくれたようだった。

車から降りて、防波堤を歩いた。

 

伊豆 伊豆

 

自然も食べ物も最高だった伊豆

霧に包まれた神秘的な南伊豆も最高だったが、太陽が反射するピーカンの南伊豆も体験したい。

自然や食べ物が楽しめるところだということは、間違いない。

次は合宿?!

楽しみが膨らむ!

一回目の視察は終了!

でもおおいに満喫してしまった!

私に南伊豆のキッカケをくれて、ありがとう!

 

ファティマタと一緒に踊ろう!

初心者が楽しめるダンスクラスをやってます!
ぜひ、体を動かしに来てみてください。

Zoomもやってます。

アフリカンダンスクラス詳細

初心者アフリカンダンス

 

リゾートが楽しくなるファティマートの洋服

ファティマタが着ていたお洋服が購入できるショップサイト ファティマート

© 2021 FATIMATA(ファティマタ)のホームページ。アフリカンダンス、アフリカンファッション、ウォロフ語、アフリカ旅行、初心者ダンス教室、ワークショップなど。