01日記

ダンサーが企画するとこうなる?!超絶ゆるくて楽しい朝のバドミントン会と仲間募集!

朝のスポーツが楽しすぎた!

ファティマタだって、規制されているこの状況に、やっぱり小さいストレスが溜まってくる。

ダンスのおかげでストレス発散は出来ているとはいえ、

もっと、子供のように大はしゃぎできる遊びがしたい!

ということで、100円ショップでバドミントンセットを衝動買いしたのはいいけれど、誘うお友達がいない。。。爆!

それで、天気の良さげな日曜日の午前中を狙って、衝動的に『バドミントン交流会』というのをいきなりSNSに打ち出してみた。

衝動的な企画なだけに、フライヤーが超ダサい!!笑

バドミントン会

 

DJとして来てくれたantzちゃんは、告知したら食いついて来たダンサーちゃん。

こうなったら、バドミントンだけじゃなく、ドッチボールもやろう!とSNSで声かけたら、なんとか10人くらい集まった!

 

 

大勢でドッチボールをやりたい!

バドミンとやドッチボールがこんなに楽しかったっけ?というほど、自分が下手くそすぎてめちゃくちゃ楽しかった。

小中の体育の成績は5だったのに、今となっては、投げたい方向にボールが飛ばない。

ボールを拾うのに「よいしょ!」と言ってしまう。

だけど、めちゃくちゃ楽しかった。

で、次は、もっと大勢でドッチボールをやりたい!

 

どうすれば人が集まるだろうか?

お友達が口コミでお友達を誘ってくれるような会にするには、どうすればいいかな?

一般の人たちは、どんなドッチボールやバドミントンに魅力を感じるのだろうか?

私は、勝負しなくてもよい、ゆるい感じじゃないと嫌なのだけど。

一般の人たちはどうなんだろう。

そして、できたら、テンポよく進む試合じゃなくて、一点入れたら喜びの舞をみんなで踊るくらい休憩の入る試合がいい!

子供に返って、どろんこになって、帰る時にははしゃぎすぎて、喉がかれてるくらいがいい。

で、軽くピクニックを入れたとしても、15時にはお開きにしたい。

ということで、あなたのアイディア、ぜひ聞かせてほしい!

 

© 2021 FATIMATA(ファティマタ)のホームページ。アフリカンダンス、アフリカンファッション、ウォロフ語、アフリカ旅行、初心者ダンス教室、ワークショップなど。