恒例になっているファティ部のグルメツアー

まず、ファティ部とは、

ここのダンスクラスに通って来ている生徒さんたち。

dance-class-1

 

 

地方にダンスパフォーマンスに行ったら、必ずそこの地域のグルメの食べ歩きツアーをする。

コンビニや居酒屋などでは済ませない。

今日はファティ部で新潟へ行った時の食べログ。(お待たせしました。)

 

新潟総踊り

ファティ部が新潟に来るようになったキッカケは、こちらのお祭り。

新潟総踊り

images-1

このお祭り、最初のキッカケは、生徒が「なんか面白いイベントありますよ。」で参加した。

どんなお祭りかも下調べせず、参加した一回目。

超アウェイ。

だけど、ジワジワ伝わってくる、新潟県民の暖かさ。

そして2回目の参加の時に起こった大事件!

これがキッカケで、新潟総踊りがもっと好きになった。

ブログ あの瞬間、心で感じたこと。 新潟総踊りと台風18号とファティマタ連

そして3回目の参加で、ファティ部にもすこしだけファンがついた。

いや、ほんの少しだけ。

そして、素晴らしいダンサーさんたちともお知り合いにもなった。

そして、今年、4回目のエントリーをしたが、タイミング悪くメンバーが集まらず、結局出演は諦めたが、新潟好きの私たちは少人数だけで、新潟の総踊りを見に遊びに来た。

そして、素晴らしい演舞を見たあと、グルメツアーが始まった。

 

須賀連のダンサーさん御用達『燕三条イタリアンBit』

何の情報もなしに行った私たちに、ここの情報を教えてくれたのは、須賀ジャズダンスのカリスマ女性ダンサーなぎさん。(いちばん左)

須賀連ファティマタ

 

教えてくれただけじゃない、おしゃべりしている間に、手に持っていたスマホで、ちゃちゃっと予約まで入れてくれた。

できる人って、何に対しても機転と仕事が早い。 

\(* ̄□\) ̄□\) ̄□\))))「え!もう、予約完了?!」

 

 

そして、我々は、いざ燕三条Bitへ、、

IMG_7307 IMG_7308 IMG_7311

 

 

入った瞬間、お目当の牡蠣発見。

IMG_7305

 

そして、店員さんに、

「私たち、東京から来たんです。また来たくなってしまうような、オススメのお料理をお任せでお願いします。特に牡蠣と海老は絶対に入れてください。」

と注文。

店員さん、自信ありげにニヤリと笑い、

「任せてください。」とその場を去った。

まずはビールで乾杯。

IMG_7312

伝統工芸品と言われている、燕三条の超高級なカップに注いでもらう。

泡もなめらか。

私たちは、「CMかっ!」と突っ込まれそうな勢いでビールの泡ヒゲをつけながら飲んだ。

 

そして、続々とお料理は運ばれてきた。

早まる気持ちを抑えながら、自分のお皿に少しずつ盛り付ける。

一口目から、「ウマッ!!」と声がこぼれた。

 

IMG_7317

グリル野菜

IMG_7320

大海老のパラディーゾ

グリル野菜も海老も勢いをセーブするのが大変なほど。

海老はプリプリで超美味しい!

 

 

IMG_7316

生牡蠣

そして、こちらの生牡蠣。

「なにこれ!!!」のレベル。

生臭さがみじんもなく、水っぽくもない。

ギュッとしまっていて、とてもクリーミー。

あああ、飲み込むのがもったいない。

でもあっという間にその牡蠣は一口で終わってしまった。

 

そして、続いて来たのが、こちら。

生ウニ板一枚まるごとバーナー焼き

生ウニ板一枚まるごとバーナー焼き

生ウニ板一枚まるごとバーナー焼き

生ウニ板一枚まるごとバーナー焼き

 

贅沢すぎる。

まさかウニ食べれるとは。

まったく生臭くない。

まさに、美味しいウニ!!

美味しいウニは超甘いのだ。

 

黒毛和牛レバーの炭火グリル

黒毛和牛レバーの炭火グリル

黒毛和牛レバーの炭火グリル

黒毛和牛レバーの炭火グリル

そして、ここまで来るともう反則なんじゃないかと思うのだ。

「美味しい。」の次に漏らした言葉は、「来て良かった。」

レバーだめな人も、食べてみて欲しい。

いや、本当に来て良かった。

こんなことなら、無理やりにでもみんな連れて来れば良かった。

ここにいた3人が本気でそう思った。

 

 

黒毛和牛ヒレ肉シャトーブリアンとフランス産フォアグラのロッシーニ

黒毛和牛ヒレ肉シャトーブリアンとフランス産フォアグラのロッシーニ

黒毛和牛ヒレ肉シャトーブリアンとフランス産フォアグラのロッシーニ

黒毛和牛ヒレ肉シャトーブリアンとフランス産フォアグラのロッシーニ

そして、これ。

これが、やばかった。

私は、フォアグラというものが初めてだったかもしれない。

口に入れ、手が止まった。

みんなうつむく。

店員さん、心配して声をかけてきた。

「どうしたんですか?大丈夫ですか?」

 

いや、全員が全力で味わい始めたのだった。

口の中でトロけるこの感覚。

本気で時間をかけて味わうとはこういうことか。

全員、次に手が出ない。

口の中から無くなってしまった後もその余韻に浸った。

これ、美味しすぎやしないか?

手が止まったまま心でつぶやいた。

みんなの行動がシンクロした瞬間だった。

 

あああ、なんで無理にでもみんなを連れて来なかったんだろう。

やはり、みんなも同じ気持ちだった。

 

 

オマールエビのトマトクリーム生タリアテッレ

オマールエビのトマトクリーム生タリアテッレ

オマールエビのトマトクリーム生タリアテッレ

オマールエビのトマトクリーム生タリアテッレ

オマールエビのトマトクリーム生タリアテッレ

オマールエビのトマトクリーム生タリアテッレ

そしてやってきたこちら。

私の大好きなオマール海老。

でも、結構お腹いっぱいになっていた。

食べれるかな?

そんな心配をよそに、一口食べたら止まらない。

ぺろっと平らげてしまった。

IMG_7336

 

 

店員さんに、「もうこれ最後で。お腹いっぱいです。」と告げた。

最後に、デザート。

デザート全種盛り

デザート全種盛り

 

デザートも抜かりない。

ひとつひとつが、上品で非常に美味しい。

あれよあれよとペロッと完食。

 

ああ、なんとも素晴らしく美味しいレストランだった。

そして、店員さんの対応も素晴らしく、今度はファティ部全員を連れて来たいと思ったのだった。

 

ホテルに帰る道、「美味しかったね。」「美味しかったですね。」しか出てこなかった。

ここはまた来たい。

燕三条イタリアンBit

 

新潟食べ歩きグルメツアー2日目につづく