01日記 02ダンス

【アフロダンスを踊る日本人のアフロダンサー日記】 アフロダンス、ヒップホップと何が違う?

アゾントとヒップホップは何が違うの?

よく聞かれる質問である。

 

正直、一言で答えられるようなものではないが

 

でも、一言で答えようとするならば、、

 

アゾントはエネルギーを内(イン)に込め、ヒップホップはエネルギーを外(アウト)に出す。

 

かな。

アゾント azonto

 

 

 

どちらもストリートダンスであることは変わりない。

 

アメリカアフリカかの違い。

 

でも、ヒップホップもルーツを辿ればアフリカなんだけどね。

 

まぁ、それはいいとして。

 

感じるダンス

アフロダンスは『音楽を聞く』というより『音楽を感じる』という方がシックリくる。

 

それを言ったら、ヒップホップもそうだ!と言われてしまいそうだが、、笑

 

ヒップホップのように、アップとダウンで、膝を高く上げて、頭をガンガン揺らすというような激しい表現というよりは、アフロダンスは音を感じているのが、見ている人にも伝われば、ダンスとして成立したりする。

 

極端に言うと、ピタっと止まっていても、その人が音を体で感じていればそれはダンスとしての表現だったりする。

 

感じてる音を体の中に流すという意味で、私は「インに込めるダンス」と表現した。

 

もちろん、ショウで見せるとなると、派手な動きを付け加えないといけない時もあるが、

 

アフロダンスはこのインに込めたグルーヴがめちゃくちゃかっこいい。

 

このグルーヴが共鳴した時、「ゥエーーーーーーーーイ!!」と声が漏れてしまう。

 

文字で伝えるのは非常にムズいが。

 

それが私が感じているアフロダンスの魅力のひとつだ。

 

 

きっと楽しくなること間違いない!

 

FATIMATAアフリカンダンス教室

 

 

 

 

 

© 2022 FATIMATA(ファティマタ)のホームページ。アフリカンダンス、アフリカンファッション、ウォロフ語、アフリカ旅行、初心者ダンス教室、ワークショップなど。