01日記 02ダンス

【アフリカンダンスを踊る日本人のアフロダンサー日記】 短尺動画を撮ってプチ発表会しよう

ダンスを自撮りしてinstagramやTikTokにアップ

最近、ダンスの練習をすると必ず、最後には縦型で撮影してinstagramのリールやTikTokにアップしている。

しかも、クオリティが低かったからと言って、撮影や投稿を先延ばしにしない。

「その時(練習時)のベストパフォーマンスをアップする」と自分に宣言してから練習する。

もちろん、しょーもない動画になる時もある。

クオリティの低い動画をアップすることで、ブランディングの弊害になるという意見もあるが、

私の今の優先順位は、練習する時間が2時間だったとしたならば、その時間内にインプットとアウトプットを両方行うという行為だ。

 

さて、一緒に考えて欲しい。

 

1週間に1回、練習(レッスンでもよい)する習慣があるとする。(その習慣がある時点でもはや最強だ。)

週に1回だと、ざっくり計算で1年で48回練習ができる。

年に1回だけ大きな発表会があったとする。

Aさんは、48回黙々と練習して、年に1回の発表会に合わせて、自分の技術を磨き、最高のクオリティの作品を出そうと励んでいる。(インプットのみ)。

Bさんは、48回の練習のたびにそれを発信しながら、年に1回の発表会に挑もうとしている。(インプット&アウトプット)。

Bさんは、下手っぴなダンスを発信することで、たまに笑われる。

でも、ちょっとでも上達が見えると、チラホラ『いいね』が付いたりもする。

 

さぁ、年に1回の発表会の日。

AさんとBさん、どちらの方が評価が高かったでしょう。

 

実は、この例文、私達のシチュエーションに合わせてアレンジして書いたけど、実際に、ある本に書いてあるエビデンスに基づいている実例なのだ。

で、どちらの方が評価が高かったかというと、

答えはBさん。

Bさんの圧勝なんだそうだ。

 

要するに、小さいアウトプット【プチ発表会】を繰り返すことで、失敗も成功もそこでプチ体験でき、自ずと技術が磨かれていくんだって。

 

飛び込んできた動画を上にスワイプする時代

下手っぴなダンスを投稿するのが恥ずかしい!

そう思っているあなた。(私も含む。)

自意識過剰です。笑

下手だったら、秒でスワイプされるだけ。以上!

いまや、わざわざアカウントを検索して、見に来る人の方が少ない。

そんな時代に下手を恐れ、アウトプットの機会を失ってしまう方がもったいない。

もちろんいろんな考えがあり、それらを否定するつもりもなく、これはファティマタ的、いまの考え方にほかならない。

 

そんな意図もあり、私のダンスクラスでは、その時間のベストが出るまでみんなで躍り込み、全員が踊っている動画をfacebookのグループ内に投稿したり、時々instagramでも投稿している。

ファティマタが代表して、みんなのダンスを投稿している!(自動アウトプット笑)

 

instagramもTikTokもおおいに活用しよう!

instagramもTikTokも気軽に発信でき、誰もが秒でスワイプしてくれるプラットフォームだ。

私は活用する。

もし、あなたが戦略的にSNSをブランディングしているのであれば、私の話は無視してほしい。

あなたへのアドバイスはない。(ここまで読んでくれてありがとう。)笑

 

一緒に踊ってくれる仲間がいれば、生徒であろうがウェルカムだ!

ガンガン、ダンスビデオを撮ろう!

下手を恐れて、潜伏しているよりはずっと楽しい!

ということで、一緒にプチ発表のダンスライフを楽しんでいこう!

 

ファティマタの
instagram

TikTok

Youtube

 

FATIMATAアフリカンダンス教室

 

© 2022 FATIMATA(ファティマタ)のホームページ。アフリカンダンス、アフリカンファッション、ウォロフ語、アフリカ旅行、初心者ダンス教室、ワークショップなど。